1. 1-1 燃料デブリが溶けていた温度範囲を評価する −( U, Pu, Zr)O2の融点に対する Puや Zrの影響評価−
  2. 1-2 レーザーを用いた燃料デブリの分析を目指して −レーザー誘起ブレークダウン発光分光法によるウランスペクトルの測定−
  3. 1-3 原子炉の廃止措置に適用する切断技術開発 −プラズマジェットを用いた炉内構造物及びデブリの切断・破砕−
  4. 1-4 原子炉事故時の炉心の溶け方をスーパーコンピュータで明らかにする −炉内構成材の化学反応の影響を評価するための解析手法の開発−
  5. 1-5 原子炉内の放射性セシウムはどうなっているか −ステンレス鋼へのセシウム付着挙動を評価する−
  6. 1-6 廃セシウム吸着材保管容器の健全性を評価する −放射線照射下での局部腐食の発生可能性を探る−
  7. 1-7 燃料デブリからのウランの回収に向けて −難溶性成分の塩化物への転換技術を開発−
  8. 1-8 無人ヘリで上空から放射性セシウムの分布を可視化 −GAGGシンチレータ・コンプトンカメラの現地試験−
  9. 1-9 環境中の空間線量率を精度良く測定・評価するために −モンテカルロシミュレーションによる環境中の線量率評価−
  10. 1-10 スパコンで予測するセシウム由来の空間線量率計算 −土壌中のセシウム分布から空間線量率を評価−
  11. 1-11 森林の広葉樹における放射性セシウムの移行挙動 −森林内樹木における放射性セシウム動態調査−
  12. 1-12 地形による放射性セシウムの沈着量の違いを探る −森林集水域における空間線量率分布の詳細調査−
  13. 1-13 極微量の放射性セシウムの環境挙動を理解する −実環境を考慮した条件下での粘土鉱物へのセシウム吸脱着挙動−
  14. 1-14 粘土鉱物におけるセシウムの吸着状態を解明 −第一原理計算に基づいたシミュレーションによる解析−
  15. 1-15 森林からのセシウムの移行を抑制する新技術 −高分子と粘土を用いて、穏やかに里山を再生−
  16. 1-16 汚染土壌を公園などに埋設した場合の安全性 −埋設場所からの放射性セシウムの移行に関する原位置試験−
  17. 1-17 自動での放射能分析を可能とするために −環境試料中ストロンチウム−90分析用自動化システムの開発−
  1. 2-1 シビアアクシデント時の格納容器内水素挙動を予測 −ROSA.SA計画における格納容器内熱水力安全研究−
  2. 2-2 冷却材喪失事故時の燃料被覆管の変形量を評価する −被覆管の酸化及び結晶相状態が及ぼす影響−
  3. 2-3 原子力発電所事故時における核分裂生成物の化学 −核分裂生成物の化学形態が冷却水pHに与える影響−
  4. 2-4 放射線リスクと他の健康リスクを比較する新しい試み −寿命・健康損失年数(DALY)を用いた放射線リスク評価−
  5. 2-5 再処理施設の重大事故評価に必要なデータを取得 −高レベル廃液の蒸発乾固に伴うルテニウム放出挙動の把握−
  6. 2-6 燃料デブリの臨界特性の解明を目指して −定常臨界実験装置 STACY更新炉を用いた臨界実験の検討−
  1. 3-1 磁場でよみがえる超伝導 −磁場で制御するウラン化合物の新しい機能性の解明−
  2. 3-2 液体金属流から電気エネルギーを取り出す −電子の自転運動「スピン」を利用した発電原理の発見−
  3. 3-3 グラフェンと金属の界面構造を陽電子回折で明らかに −金属の元素によりグラフェンとの結合に違い−
  4. 3-4 “奇妙な粒子”が原子核の荷電対称性を破る −ヘリウムΛハイパー核準位の精密測定に成功−
  5. 3-5 原子核からニュートリノ質量の謎に迫る −京コンピュータによる二重β崩壊の高精度計算−
  1. 4-1 共鳴領域における核反応断面積の真値を追求する −核データ測定と理論のシナジー−
  2. 4-2 通り抜けた中性子を使って核物質を測る −中性子共鳴反応を利用して複雑な組成・形状の核燃料を非破壊測定−
  3. 4-3 軽水炉内高温高圧水中の腐食環境を測定する −電気化学測定技術の開発と高温純水中の腐食環境の評価−
  4. 4-4 原子炉材料の特性変化を予測する −ナノサイズ欠陥による材料の硬化メカニズムの理解(分子動力学計算)−
  5. 4-5 ウランの原子価に応じた発光を追跡する −発光寿命が短い化学種の時間分解型レーザー誘起発光分光計測−
  6. 4-6 微量イオンを選択捕集する小型分離カートリッジ −難測定核種分析効率化のための高性能分離材料の開発−
  7. 4-7 超ウラン元素の森林から河川への移行挙動を考える −超ウラン元素と化学的に類似する希土類元素を利用して−
  8. 4-8 加速器の構造材等の放射線による照射損傷の高精度な予測に向けて −照射損傷モデル検証のための極低温照射装置の開発−
  9. 4-9 原子炉中の高温高圧の蒸気と水の割合を可視化する −ワイヤーメッシュセンサーによる燃料集合体内蒸気体積割合計測技術の開発−
  10. 4-10 炉心の過熱や溶融を遅らせて過酷事故への進展を防ぐ −酸化しにくい燃料被覆管材料の開発−
  11. 4-11 核変換システムの新たな概念構築に向けて −未臨界度調整機構を用いた加速器駆動システム用解析ツール整備−
  12. 4-12 高レベル廃液から有用レアメタルを回収 −回収が難しいロジウムをイオン交換樹脂により分離−
  13. 4-13 使用済MA核変換用燃料の処理方法の確立を目指して −乾式再処理法によるマイナーアクチノイド(MA)窒化物燃料処理技術の開発−
  1. 5-1 大強度陽子ビームの高精度軌道コントロールを実現 −電流リップルを抑制した新しいパルス電源の開発−
  2. 5-2 大強度ビームの新しいチューニング方法を確立 −ビームロス低減を目指した位相拡がりモニタの開発−
  3. 5-3 液体金属中に小さな泡をつくり衝撃低減に成功 −世界一の核破砕中性子源を目指した水銀中微小気泡発生装置の開発−
  4. 5-4 単結晶中性子構造解析で物質科学のフロンティアを切り拓く −特殊環境微小単結晶中性子構造解析装置SENJUの開発−
  5. 5-5 中性子と磁場の組合せで捉えた磁場下での超伝導体の新特性 −非従来型超伝導体における磁場で増大する反強磁性−
  6. 5-6 中性子散乱によるセシウムの分離機構の解明 −π-d 混成軌道の形成による選択分離の実現に向けて−
  7. 5-7 温度変化を電気エネルギーに変換 −発電中の強誘電体内部を放射光 X線回折法で探る−
  8. 5-8 トポロジカル絶縁体が磁石になるメカニズムを解明 −次世代の超低消費電力スピン・デバイスへ−
  9. 5-9 イオンマイクロビームによる非破壊三次元元素分析 −粒子励起X線トモグラフィ技術の開発−
  10. 5-10 レーザーを使った未踏の超高強度場への挑戦 −J-KAREN-Pレーザーの開発−
  11. 5-11 β線とγ線の同時放出で「治療」と「診断」の一人二役! −放射免疫療法のための高純度ルテチウム 177製造法を開発−
  12. 5-12 抗がん剤の作用メカニズムの『鍵』を原子レベルで解明 −放射光 X線を用いた創薬標的タンパク質の高精度構造解析−
  13. 5-13 重粒子線がん治療の高度化を目指す −重粒子線照射の新規動径線量モデルの開発に成功−
  14. 5-14 照射した牛レバ刺しはどれだ? −「照射殺菌済み」を判別する技術の開発−
  15. 5-15 世界最高レベルの出力密度を持つ燃料電池を開発 −放射線グラフト重合法による高性能電解質膜生成−
  16. 5-16 量子情報通信・量子コンピューティングの実現に向けて −炭化ケイ素中の単一光子源の探索−
  17. 5-17 分子の回転を制御して同位体分離 −重元素にも使える新たなレーザー同位体分離法の開発−
  18. 5-18 光で問いかけて光で知る液体定量法 −過酷環境下高感度その場液体分析技術−
  19. 5-19 窒化物半導体の格子変形をリアルタイム観察 −従来の常識を覆す新たな格子変形モデルを提唱−
  1. 6-1 実用高温ガス炉の国際安全基準の策定に向けて −HTTR試験データに基づく実用高温ガス炉の安全要件の検討−
  2. 6-2 より安全なプルトニウム燃焼高温ガス炉に向けて −酸素ゲッターによる被覆燃料粒子の内圧破損の抑制−
  3. 6-3 耐酸化性能を向上させた炉心黒鉛材料の開発 −カザフスタン共和国・核物理研究所との共同研究−
  4. 6-4 反応が阻害される条件を調べ熱効率向上に活かす −HI濃縮器への不純物混入の影響を調べる−
  5. 6-5 HTTRによる水素・電力コジェネレーション技術の確証 −運転方法の確証が可能なヘリウムガスタービンを提案−
  6. 6-6 3.11地震時の高温ガス炉の健全性を明らかにする −耐震評価と外観確認により黒鉛構造物の健全性を確証−
  1. 7-1 次世代ナトリウム冷却炉の高い安全性の実現で世界をリード −安全設計クライテリア・ガイドラインの国際標準化−
  2. 7-2 放射性廃棄物をより低減する高速炉の設計 −安全性と核変換の調和を目指した炉心開発−
  3. 7-3 高速炉の安全性向上を目指して −燃料集合体が溶けて流出する挙動を実験的に確認−
  4. 7-4 ナトリウム冷却高速炉の蒸気発生器伝熱管の損耗現象を解明する −高温水酸化ナトリウムによる流れを伴う腐食挙動の評価−
  5. 7-5 MA含有 MOX燃料に及ぼす Amの影響を評価する −( Pu0.928Am0.072)O2-xにおける酸素ポテンシャルと O/M比の関係−
  6. 7-6 地下の高温地質環境で動いた破砕帯の活動年代の推定 −フィッション・トラック年代測定法を用いた熱史推定による試み−
  1. 8-1 たくさんの廃棄物データを、きっちり、てきぱき仕分ける −機械学習による大規模データの迅速な分類−
  2. 8-2 アスファルト固化体中の硝酸塩を取り除く −処分における硝酸塩影響の低減にかかわる技術開発−
  3. 8-3 浅地中処分に適した廃棄物処理を行うために −モルタルによる固型化方法の基準の検討−
  4. 8-4 遠方で発生した地震が地下水の動きに与える影響 −東濃地域での地下水圧の観測事例−
  5. 8-5 地下深部の岩石の密度を推定する −宇宙線ミューオンを用いて地下の密度を推定する技術開発−
  6. 8-6 地下施設建設に伴う岩盤の透水性の時間変化 −多孔質弾性論を用いた地下水圧の大気圧応答の解析−
  7. 8-7 立坑掘削時の岩盤損傷モニタリング技術の開発 −マルチ光計測プローブによる立坑周辺岩盤の損傷の評価−
  8. 8-8 堆積物の年代決定のための強力な手段を開拓する −火山ガラスの屈折率,化学組成の詳細な分析手法を構築−
  9. 8-9 地層処分による人への影響を評価する −表層環境条件に応じた生活圏評価手法の開発−
  10. 8-10 国ごとに異なる放射性核種の振る舞いの評価 −使用済燃料直接処分における放射性核種の放出挙動のレビュー−
  11. 8-11 電子レンジ内で置く高さを変えると温まり方は変わる −マイクロ波による硝酸系溶液の加熱効率−
  1. 9-1 放射線環境におけるロボット制御 −ロボットビジョンによる核融合炉保守用マニピュレータの位置決め−
  2. 9-2 高い精度の超伝導コイルを製作する −誤差磁場の低減を目的に真円に近い超伝導コイルの製作方法を確立−
  3. 9-3 核融合プラズマの磁場変動を計測する −シンプルで高い性能の磁気センサーを開発−
  4. 9-4 プラズマ形状の推定精度の向上を目指して −プラズマ形状推定システムの予測精度を最適化−
  5. 9-5 核融合プラズマの安定な運転に向けて −プラズマ崩壊現象の原因となる新たな電磁流体力学不安定性を発見−
  6. 9-6 トリチウムを施設内に閉じ込める −あらゆる状況でトリチウムを確実に酸化する触媒塔の設計手法−
  7. 9-7 国際核融合材料照射施設のための原型加速器の目標性能を達成 −大電流重陽子加速器の入射系ビーム加速実験の成功−
  8. 9-8 核融合炉の社会受容性向上に向けて −放射性廃棄物の減容化方針−
  9. 9-9 核融合原型炉早期実現に向けた高性能中性子増倍材の開発 −3元系先進中性子増倍材の開発研究−
  1. 10-1 原子力施設の耐震シミュレーション技術の高度化に向けて −三次元仮想振動台を用いた原子力施設建屋の揺れの再現−
  2. 10-2 核燃料の熱的性質をシミュレーションで明らかにする −第一原理計算による二酸化プルトニウムの比熱の評価−
  3. 10-3 軽く強く加工しやすい金属の探求 −六方晶金属の特異な変形機構の解明−
  4. 10-4 核融合プラズマの長時間スケール解析を可能とするシミュレーション技術 −多時間スケール解析に向けて大きな進展−
  1. 11-1 核物質が製造された日を明らかにする −核鑑識のためのウラン年代測定に関するラウンドロビン−
  1. 1-1 土地利用形態により異なる空間線量率の変化 −空間線量率の減少傾向を示す環境半減期の導出−
  2. 1-2 放射性セシウムによる被ばく線量を予測する −年齢別の外部被ばく線量換算係数データの整備−
  3. 1-3 フォールアウトを記録する生物・地衣類 −事故後初期の放射性セシウム降下量推定への利用−
  4. 1-4 イオン交換樹脂で水中ストロンチウムを現地で効率的に回収 −淡水中の低濃度放射性ストロンチウム分析法の開発−
  5. 1-5 海底土中放射性核種の濃度を探る −茨城県周辺海域の海底土中放射性核種の詳細分布調査−
  6. 1-6 除染効果の予測と可視化 −除染活動支援システム(RESET)を用いた福島の除染活動支援−
  7. 1-7 スパコンで究明する土がセシウムを取り込む仕組み −第一原理計算が明らかにしたセシウム特異吸着のメカニズム−
  8. 1-8 セシウムの風化黒雲母への選択的吸着 −ドミノ倒しのように連鎖的吸着が起こるメカニズム−
  9. 1-9 鉄分を溶かして指定廃棄物基準以下に −セシウムの化学状態を解明し効率的に除去することに成功−
  10. 1-10 海水注入後の燃料被覆管の健全性を評価する −電気化学測定で孔食発生条件を探る−
  11. 1-11 燃料集合体の構造健全性を確認する −海水浸漬したジルカロイ製燃料被覆管の強度評価−
  12. 1-12 被覆管成分が増えると燃料デブリはどうなるか −燃料デブリ取出しのために役立つ硬さ等の特性評価−
  13. 1-13 微細な燃料デブリは水中でどう変化するか −過酸化水素やホウ酸の化学的影響を調べる−
  14. 1-14 海水注入が炉心の冷却へ与えた影響を調べる −原子炉炉心模擬試験体による海水熱流動挙動評価−
  15. 1-15 事故時の燃料棒の壊れ方を計算機で予測する −粒子法に基づく燃料溶融崩壊挙動解析手法の開発−
  16. 1-16 原子炉事故時の圧力容器下部の破損箇所を推定する −圧力容器下部ヘッド破損挙動評価手法の開発−
  17. 1-17 原子炉事故時の圧力容器下部の破損箇所を推定する −高温クリープ試験とクリープ構成則の検討−
  18. 1-18 原子炉事故時に放出される放射性物質の性状を予測する −核分裂生成物の化学挙動に与えるBWR制御材ホウ素の影響評価−
  19. 1-19 廃棄物が含む放射能量を正確に推定する −分析が難しい試料や核種を対象として評価する方法−
  20. 1-20 汚染水処理後のセシウム吸着材を安全に保管する −小規模実験から吸着塔内の水素発生量を評価する技術−
  1. 2-1 冷却材喪失事故後の燃料被覆管の強度を調べる −4点曲げ試験による破裂・急冷後の被覆管強度評価−
  2. 2-2 シビアアクシデント解析における不確かさの分布とその支配因子を探る −ソースタームの不確かさ/感度解析手法の開発−
  3. 2-3 原子力発電所事故での予防的防護措置範囲を評価 −確率論的事故影響評価手法に基づく評価方法の開発−
  4. 2-4 再処理施設の重大事故評価方法の改良 −臨界事故時の最大出力を瞬時に評価可能に−
  5. 2-5 放射性ヨウ素の岩石への収着を調べる −試験による収着分配係数の評価−
  6. 2-6 サイト解放のための放射能濃度を評価する −空間的相関を考慮した平均放射能濃度評価にかかわるクリギングの適用−
  1. 3-1 103番元素で見つけた周期表の綻び −103番元素ローレンシウムの第一イオン化エネルギー測定に成功−
  2. 3-2 原子核の新たな形態の解明を目指して −K中間子が原子核を形成する可能性を裏付け−
  3. 3-3 世界最高磁場で探るウラン化合物の新奇な磁性 −核磁気共鳴で明らかにしたURuSiの高磁場磁気構造−
  4. 3-4 金属中の磁気・電気の流れを切り替える −原子力分野での熱電発電利用に向けて−
  5. 3-5 ポジトロニウムで観測した最表面のスピン偏極 −Bi/Ag二層膜のラシュバ効果による電流誘起スピン偏極−
  6. 3-6 放射線照射細胞の示す“デジタル”応答特性 −放射線照射による細胞周期の変化を単一細胞で追跡−
  7. 3-7 最新の原子核壊変データを手の中に −原子核の世界地図「原子力機構核図表2014」の完成−
  1. 4-1 原子炉核特性パラメータの高精度評価を目指して −モンテカルロ法による原子炉動特性パラメータの新しい計算手法の開発−
  2. 4-2 二つの非破壊元素分析法の有機的融合 −大強度パルス中性子による新しい元素分析法開発−
  3. 4-3 再処理硝酸溶液中での腐食挙動を予測する −セルオートマトン法を用いたステンレス鋼粒界腐食形態のシミュレーション−
  4. 4-4 陽電子消滅寿命と吸蔵水素量による空孔形成評価 −弾性応力下における高強度鋼の水素脆化研究−
  5. 4-5 マイナーアクチノイド核変換用燃料の挙動評価に向けて −ミリグラム規模の高純度キュリウム試料の分離精製回収に成功−
  6. 4-6 簡便・低コストと高性能が両立した放射性廃液の処理技術 −“エマルションフロー法”による除染廃液からのウラン除去−
  7. 4-7 ウラン鉱石中の不純物組成を簡便・確実に分析する −不純物を濃縮した吸着体を利用する固体試料質量分析−
  8. 4-8 再処理技術の基盤強化に貢献するデータ集の完成 −再処理プロセス・化学ハンドブック第3版−
  9. 4-9 大気拡散シミュレーションの性能を向上させる −85Kr測定データを用いた中距離スケールでのWSPEEDI-IIの性能改善−
  10. 4-10 太平洋上の環境負荷物質を追跡する −東日本大震災により流出した震災漂流物の予測シミュレーション−
  11. 4-11 全ての放射線の動きを計算コードで再現 −国産の汎用放射線輸送計算コードPHITSの完成−
  1. 5-1 光で鉄原子を完全電離しGeVまで一気に加速 −レーザー駆動型重イオン加速技術とその応用−
  2. 5-2 使用済み核燃料キャニスターの非破壊核種分析 −γ線透過NRF法の1F事故溶融燃料への適用可能性を実証−
  3. 5-3 放射光でマクロ磁性を原子レベルに切り分ける −内殻吸収磁気円二色性による元素ごとの磁化測定−
  4. 5-4 量子ビームの合わせ技で電子の動きを捉える −3種の非弾性散乱による銅酸化物超伝導体のスピン・電荷励起−
  5. 5-5 鉄中に高濃度に溶け込んだ水素の占有状態を解明 −高温高圧力下中性子回折によるその場観察に成功−
  6. 5-6 従来膜を凌駕するグラフト型電解質膜の燃料電池特性 −階層構造の解析から明らかにした高イオン伝導性の起源−
  7. 5-7 X線及び中性子で構造材料の残留応力を観る −表面から内部までの残留応力を評価し、機械・構造物の強度信頼性向上に資する−
  8. 5-8 遺伝子発現の仕組みをDNAの曲がりやすさから理解する −中性子準弾性散乱で配列依存的なDNAの揺らぎを観測−
  9. 5-9 DNAにできた傷の「かたまり具合」を探る −重粒子線がん治療効果をもたらす「クラスターDNA損傷」を発見−
  10. 5-10 放射線がん治療の副作用低減に新たな道筋 −放射線が当たっていない細胞で起こるバイスタンダー効果の特徴を発見−
  11. 5-11 ヨシはなぜ塩水でも育つのか −植物ポジトロンイメージング技術で根の中のナトリウム排除を可視化−
  12. 5-12 高感度かつ高精度に中性子の二次元分布を計る −He-3ガスを用いた新方式の二次元検出器を開発−
  13. 5-13 地球マントルにおける“水”の役割の解明を目指して −J-PARCでの中性子実験のための高温高圧発生装置を開発−
  14. 5-14 中性子回折による鉄鋼の相変態の解明 −ナノベイナイト鋼の変態挙動に及ぼす部分焼入れの効果−
  15. 5-15 ビームを走査しない大面積の均一イオン照射 −非線形力でビーム強度分布を均一化−
  16. 5-16 高温配管の歪みを常時監視する技術を実現 −超短パルスレーザ加工により製作した歪みセンサの活用−
  1. 6-1 世界初の商用高温ガス炉燃料の実用化を目指して −高燃焼度化燃料の照射性能に関するカザフスタン共和国との協力研究−
  2. 6-2 廃棄物問題の解決及び安全性・持続性・経済性の両立を目指して −高温ガス炉を用いた原子力システムの開発−
  3. 6-3 水素製造プロセス用の工業材料製反応器の開発 −苛酷環境に耐えるセラミックス製硫酸分解器の開発−
  4. 6-4 高温ガス炉の多様な熱利用システムの確立に向けて −廃熱を利用した淡水製造コストの検討−
  5. 6-5 高温ガス炉の熱を一般産業へ提供するために −高温ガス炉熱利用施設接続の安全評価技術の開発−
  1. 7-1 「常陽」における高速炉の炉容器内補修技術の実証 −大型構造物の交換と変形した実験装置の回収−
  2. 7-2 高速炉の耐震性評価技術の高度化を目指して −巨大地震時における高速炉配管の挙動の解明−
  3. 7-3 燃料集合体内の狭く複雑な流路の冷却材流れを視る −インデックスマッチングにより高精度なPIV計測を実現−
  4. 7-4 気液界面運動の物理ベースシミュレーションを実現 −高速炉ガス巻き込み現象の機構論的解析評価システム開発−
  5. 7-5 分離核変換に貢献する抽出クロマトグラフィ技術の安全性を向上 −吸着材充てんカラム内での崩壊熱,放射線分解生成物の挙動評価研究−
  6. 7-6 核燃料中の酸素の振る舞いを定量化する −酸化物燃料における酸素拡散係数の測定−
  7. 7-7 高速炉機器内部の熱流動解析技術の向上を目指して −「もんじゅ」原子炉上部プレナム熱流動解析による温度分布評価−
  1. 8-1 原子炉施設解体物へのクリアランス制度の適用に向けて −「ふげん」タービン設備の放射能濃度評価手法の確立−
  2. 8-2 休止ウラン鉱山における鉱さいたい積場の跡措置 −長期的に安定な天然材料を用いた覆土の設置−
  3. 8-3 放射性廃棄物の核種組成の把握を迅速に −キャピラリー電気泳動法を用いた分析法の開発−
  4. 8-4 廃棄物処分に向けた簡便な廃棄体確認手法の開発 −研究炉廃棄物の放射能評価手法の検討−
  5. 8-5 瑞浪超深地層研究所の建設が周辺の地下水に与えた影響 −主にこの10年間の水質変化について−
  6. 8-6 大深度地下において坑道への湧水を抑制する −瑞浪超深地層研究所の施工対策技術について−
  7. 8-7 岩盤中の物質移動特性をどのように評価するか −幌延深地層研究所を活用した原位置試験と室内試験に基づく検討−
  8. 8-8 地下の断層帯亀裂の透水性を予測する −断層帯の水理地質学的調査技術の開発−
  9. 8-9 海抜マイナス1000メートルの世界を覗く −日本列島の地下地質図−
  10. 8-10 地質環境の変遷を考慮してシステムの性能を評価する −隆起速度と侵食速度の違いに着目した核種移行解析−
  11. 8-11 岩に含まれる水分で大きく強度が変わる泥岩 −地下深部から採取した稚内層珪質泥岩の力学特性の評価−
  12. 8-12 緩衝材中の放射性核種の移行を予測する −圧縮ベントナイト中の統合収着・拡散モデルの開発−
  13. 8-13 マイクロ流路を利用してプルトニウムの速度定数を求める −マイクロ化学チップが拓くプルトニウムの分離・分析化学−
  1. 9-1 三極管ジャイロトロンにおける高速出力変調法の開発 −ITER電子サイクロトロン共鳴加熱・電流駆動システム要求性能を達成−
  2. 9-2 ダイバータ製作に向けた最初のステップを達成 −ITERフルタングステンダイバータの実規模プロトタイプ開発−
  3. 9-3 ITER超伝導導体の撚りピッチの変化 −トロイダル磁場コイル用超伝導撚線の振る舞い−
  4. 9-4 世界最大の大電流負イオンビーム生成に成功 −ビームの一様性を改善してJT-60SA要求値以上の電流生成(32A)を達成−
  5. 9-5 超伝導マグネット用サーマルシールドの製作 −現地組立てに対応したサーマルシールドの製作法を確立−
  6. 9-6 プラズマ計測でのノイズ効果軽減の新しい手法 −往復するレーザー光による信号を分離−
  7. 9-7 核融合原型炉の冷却材喪失事象の研究 −原型炉概念設計のための安全設計指針の確立に向けた取組み−
  8. 9-8 炉心プラズマの動的制御に向けて −炉心プラズマの非局所応答のシミュレーション研究−
  9. 9-9 核融合燃料の安定供給を実現するリチウム回収技術 −海水中のリチウムを回収する世界初の元素分離技術を確立−
  10. 9-10 高温プラズマ対向耐熱被覆を強化する −プラズマ溶射タングステンの摩擦攪拌処理による強化−
  11. 9-11 わずかな酸素が腐食を抑える −ブランケット構造材の腐食特性への溶存酸素の影響−
  1. 10-1 金属材料を強くする添加元素を探索する −量子計算による金属材料の割れの予測−
  2. 10-2 スパコンが解き明かす不純物に強い超伝導体の謎 −固体中電子の持つ相対論性と超伝導の関係の解明−
  3. 10-3 スーパーコンピュータ上の大規模データを可視化 −粒子ベースボリュームレンダリングに基づく遠隔可視化システムの開発−
  4. 10-4 スーパーコンピュータ「京」で構造物の健全性を分析 −組立構造解析により耐震性の高いインフラ整備に貢献−
  1. 11-1 不法な核物質・放射性物質を特定する情報基盤 −核鑑識ライブラリと核鑑識属性評価ツールの開発−
  1. 1-1 海水中における放射性ヨウ素の動きを探る −東京電力福島第一原子力発電所事故前後におけるヨウ素129濃度の変動−
  2. 1-2 事故後初期のヨウ素131沈着量の分布 −初期航空機モニタリングデータを日米共同で開発した解析手法により評価−
  3. 1-3 水底の放射性物質濃度分布を可視化 −プラスチックシンチレーションファイバを用いた農業用ため池の測定−
  4. 1-4 空間線量率減少の原因を探る −放射性セシウムの土壌中の濃度分布−
  5. 1-5 放射性物質の分布情報の公開 −環境モニタリングデータの集約と迅速な公開−
  6. 1-6 放射性セシウムの環境中での移行挙動を調べる −大柿ダム湖を対象とした事例研究−
  7. 1-7 スパコンで見る放射性セシウムと土壌の化学結合 −第一原理計算による粘土鉱物・セシウム結合様態の解明−
  8. 1-8 樹木に沈着した放射性セシウムの枝葉内部への移動を探る −放射線可視化による放射性セシウムの植物内移行挙動観測−
  9. 1-9 水溶液中の放射性セシウム濃度を簡便に測定する −セシウム吸着ディスクとGMサーベイメータを併用した新たな定量法−
  10. 1-10 放射性セシウムに対する建物内の線量低減を評価 −建物モデルを用いた計算シミュレーションによる解析−
  11. 1-11 使用済燃料集合体の欠陥を検知する −高解像度X線CTによる使用済燃料集合体の欠陥検知技術開発−
  12. 1-12 レーザー分光法により炉内水没固体を検知する −遠隔炉内調査技術への貢献−
  13. 1-13 レーザー光を熱源として燃料デブリを溶断・破砕する −形状不定,高硬度,多成分,多孔質の特性を持つ燃料デブリへの対応−
  14. 1-14 事故後の原子炉容器を燃料取出しまで維持していくために −原子炉容器用鋼の腐食への放射線の影響と腐食抑制策−
  15. 1-15 圧力容器内燃料デブリの状態推定 −熱力学平衡計算に基づき燃料デブリの化学形を評価する−
  16. 1-16 溶けた燃料と制御棒から何ができたか −炉心で溶融固化した燃料デブリ中の生成相と硬さを調べる−
  17. 1-17 燃料デブリを取り出したあとどうすべきか −取出し後の燃料デブリの処置シナリオの検討−
  18. 1-18 炉心冷却後もヨウ素131放出が継続した理由を探る −原子炉建屋等の地下に蓄積した汚染水からのヨウ素131放出−
  19. 1-19 汚染水処理後のセシウム吸着材を安全に保管する −吸着材の性状を推定し、水素発生と容器腐食を評価する−
  20. 1-20 滞留水中の難測定核種の分析手法の開発 −β線計測によるカドミウム113m分析法の構築−
  21. 1-21 事故廃棄物の処理・処分に向けて −発電所構内で採取したがれき・伐採木・立木試料の放射能分析結果−
  1. 2-1 燃料破損の瞬間を数値モデルで再現・解明 −損傷力学モデルによる被覆管破損シミュレーション−
  2. 2-2 原子炉圧力容器の健全性をより精度良く評価するために −中性子照射によるステンレスオーバーレイクラッドの破壊特性の変化−
  3. 2-3 長期間使用された軽水炉機器の健全性を予測する −ニッケル基合金異材溶接部に対する確率論的破壊力学解析−
  4. 2-4 事故時のガス流入の影響を調べる −ガス計測装置を用いた濃度分析−
  5. 2-5 しめ固めた粘土材料は高アルカリ環境で溶けるのか −圧縮ベントナイト内の共存鉱物によるアルカリ溶解抑制効果−
  6. 2-6 再処理施設の重大事故評価に必要なデータを取得 −蒸発乾固事故における放射性物質の気相移行データの取得と評価−
  1. 3-1 銅やアルミニウムで磁気の流れを生み出す原理の発見 −レアメタルフリー磁気デバイスへ道−
  2. 3-2 グラフェンの電子スピン状態を解明 −原子レベルの極薄物質のスピン物性研究と素子応用に道を拓く−
  3. 3-3 ウラン化合物の超伝導と電子のゆがみ −電子系のゆがみが引き起こすURuSiの超伝導−
  4. 3-4 不純物水素によるセラミックコンデンサの絶縁劣化 −素粒子ミュオンが明らかにした誘電材料中の不純物水素の電子状態−
  5. 3-5 放射線の生体影響の解明に向けて −DNA損傷が正常な染色体にも影響を与える−
  6. 3-6 シリカコロイドに吸着して地下水中を移動するウランを発見 −環境水中の極微量アクチノイドの形態を解明する効果的な方法を考案−
  7. 3-7 ハイパー核ΛHの探索 −中性子過剰核はどこまで作れるか?−
  1. 4-1 核力の性質から崩壊熱の予測精度向上へ −テンソル力のβ崩壊への影響を解明−
  2. 4-2 原子炉事故時の溶融物の挙動を明らかにする −炉内溶融物移行蓄積シミュレーション手法の開発−
  3. 4-3 ウランの正確な計量技術の確立を目指して −廃棄物ドラム缶の235U量を定量する新しい非破壊測定技術を人形峠で実証−
  4. 4-4 原子炉の長期健全性評価の高精度化を目指して −中性子照射によるミクロ組織変化の予測モデルの開発−
  5. 4-5 分離変換技術開発に向けた基礎データの拡充 −電気化学的な手法を用いた金属間化合物の物性測定−
  6. 4-6 大環状化合物を使ってストロンチウムを抽出除去 −イオン液体溶媒の利用による抽出能向上を発見−
  7. 4-7 白金粒子の電極触媒機能で原子価を制御する −アクチノイドの選択的な迅速原子価調整法の開発−
  8. 4-8 環境試料中の濃縮ウラン粒子を選択的に検知・分析 −固体飛跡検出を前処理に用いる二次イオン質量分析法の開発−
  9. 4-9 水田からの温室効果ガスの発生メカニズム −放射性物質の陸面移行モデルを活用した大気とのNH交換過程の再現−
  10. 4-10 体格の違いが内部被ばく線量に及ぼす影響 −コーカソイドと日本人の人体モデルを使った比較−
  11. 4-11 高エネルギーγ線の被ばく測定の信頼性を支える −国内唯一の高エネルギーγ線校正場の開発−
  12. 4-12 原子炉内の放射線強度を計測する −格納容器内の遠隔調査に向けたγ線検出器の開発−
  13. 4-13 炉内IASCC試験キャプセルのための技術開発 −原子炉の安全を評価する研究のために−
  14. 4-14 放射線管理区域における入域者のリアルタイム管理システムの開発 −放射線管理区域入域者の作業安全確保−
  1. 5-1 イオンビームで生体に優しいプラスチックを生み出す −集束イオンビームを用いた医用材料の微細加工と表面改質技術の開発−
  2. 5-2 複合型光ファイバ計測技術を医療機器開発に活かす −複合型光ファイバ技術の事業化と原子力機構認定ベンチャー企業の発足−
  3. 5-3 微量元素の添加が強誘電体に与える効果を調べる −ビスマスフェライトの強誘電性改変機構の解明−
  4. 5-4 横滑りら旋磁性と磁気交換相互作用による分極の区別に成功 −マルチフェロイック材料における横滑りら旋磁性の重要性−
  5. 5-5 アルミニウムを主原料とする水素貯蔵合金を開発 −軽量な水素貯蔵合金の実現に向けて−
  6. 5-6 電子検出で放射光メスバウアー分光の性能を大幅向上 −更に多くの元素について放射光メスバウアー分光測定が可能に−
  7. 5-7 希少・有害金属を捕集するタンパク質の創製を目指して −好塩菌タンパク質の特殊な構造を量子ビームで解明−
  8. 5-8 夢の顕微鏡軟X線顕微鏡により生きている細胞を観る −高輝度レーザープラズマ軟X線源と密着法を組み合わせたレーザープラズマ軟X線顕微鏡の実現−
  9. 5-9 ペプチドで作物のカドミウムの動きを抑制する −ポジトロンイメージング技術による根での元素の動きの画像化−
  10. 5-10 X線と電子顕微鏡技術の融合によりナノ領域の分析に挑む −電子顕微鏡に搭載するためのX線多層膜回折格子分光器の開発−
  11. 5-11 X線の蜃気楼を初めて発見 −プラズマを用いた新しいX線光学素子の可能性を示す−
  12. 5-12 紫外線のナトリウム透過の確証 −厚さ8 mmのナトリウムを透過した紫外線によるイメージングに成功−
  13. 5-13 物質中の拡散現象の解明を目指して −中性子準弾性散乱の新たな解析法の開発−
  14. 5-14 極低温水素減速材で高品位のパルス冷中性子を実現 −J-PARCパルス核破砕中性子源の極低温水素システムの性能評価−
  15. 5-15 J-PARC 3 GeVシンクロトロンの運転後の線量率 −大強度出力達成のための加速器内に生成された放射性物質による線量率分布の把握と対策−
  16. 5-16 真空容器で磁場を遮へいし加速器ビーム軌道を安定化 −J-PARCにおける漏えい磁場遮へいのための磁性材料製真空容器の開発−
  17. 5-17 サイクロトロンの加速領域に入射するビームを観る −エミッタンス・アクセプタンス測定装置の開発−
  1. 6-1 世界初HTTRを用いた熱利用試験計画 −原子力エネルギーの多様な産業利用に向けて−
  2. 6-2 プルトニウムの効率的な燃焼と核拡散抵抗性の両立 −プルトニウム燃焼高温ガス炉システムの概念検討−
  3. 6-3 高温ガス炉水素製造システムの経済性評価 −水素製造コスト評価と競合可能性の検討−
  4. 6-4 自然現象による原子炉の安全確保の実証に向けて −再稼働後直ちに実施するための試験手順を確立−
  1. 7-1 溶融炉心物質のふるまいを明らかにする −炉心崩壊事故の影響を原子炉容器内に閉じ込めるための実験的研究−
  2. 7-2 過酷な自然災害にも耐える原子炉建屋を目指して −建屋に対する外的事象評価−
  3. 7-3 シミュレーションで評価する高速炉SGの安全性 −SG伝熱管破損時のマルチフィジックス解析評価システム−
  4. 7-4 SG伝熱管の検査技術の向上を目指して −有限要素法による「もんじゅ」SG伝熱管の3D渦電流探傷シミュレーション−
  5. 7-5 長寿命燃料被覆管の実用化を目指して −強度と靱性,耐食性に優れた11Cr-ODS鋼の開発−
  6. 7-6 高速炉サイクル移行期の再処理プロセスの確立に向けて −U,Pu共回収プロセス(コプロセッシング法)の開発−
  1. 8-1 最適な廃止措置計画を立案するために −ウランを取り扱う核燃料施設の解体実績に基づく人工数の評価式の検討−
  2. 8-2 廃棄物からの効率的なウランの分離 −塩酸によるスラッジからのウランの選択的分離プロセスの開発−
  3. 8-3 廃棄物の放射能確認を迅速化する新規分析法の開発 −低レベル放射性廃棄物中の242mAm測定法の開発−
  4. 8-4 トレンチ型処分施設の安全性向上のための検討 −放射性物質の移行量低減のための施設への降水浸透抑制方策−
  5. 8-5 地質環境調査から解析までのデータの流れを可視化 −統合化データフローの構築(研究坑道の掘削を伴う研究段階:第2段階)−
  6. 8-6 泥火山現象の形成メカニズムの解明を目指して −上幌延泥火山噴出物の起源の解明−
  7. 8-7 地下坑道掘削時の岩盤の損傷状態を探る −弾性波速度構造と岩盤壁面の観察による割れ目分布に基づく損傷の把握−
  8. 8-8 砂粒から未知の火山活動を検出する −堆積岩の砂粒の鉱物・化学分析を用いた火山活動検出手法の開発−
  9. 8-9 地下のマグマが引き起こした内陸大地震 −ヘリウム同位体比を用いた隠れた活断層の調査手法の開発−
  10. 8-10 放射性核種の地下水中の化学形及び濃度を予測する −電子授受速度が遅いSe(VI)/(IV)系の標準熱力学データの取得−
  11. 8-11 低アルカリ性セメントの長期変質挙動を把握する −低pH発現メカニズムの解明と変質モデルの構築−
  12. 8-12 地質環境の長期変動を考慮して安全性を評価する −地層処分の安全評価における隆起侵食の影響評価技術の検討−
  13. 8-13 電解酸化によるルテニウム除去時間の短縮 −ガラス固化工程の安定化を目指して−
  1. 9-1 レーザー光の吸収を空間的に分散させ機器を長寿命化 −ITERトムソン散乱計測用高耐力レーザービームダンプの開発−
  2. 9-2 中性子回折で超伝導導体内の素線の歪状態を調べる −ITER用超伝導導体の性能向上の礎−
  3. 9-3 実構造体HIP接合部の破壊挙動を追う −核融合原型炉開発で進められている低放射化フェライト鋼研究の最前線−
  4. 9-4 核融合炉条件を作り出す強力中性子源の建設に向けて −リチウム施設の工学実証研究と工学設計の構築−
  5. 9-5 JT-60SAに向けたJT-60トカマクの解体 −放射化大型構造体の解体−
  6. 9-6 高精度なNbSn超伝導コイルの製作方法を確立 −プラズマの精密制御に向けたJT-60SA用中心ソレノイドの開発−
  7. 9-7 2周波数ジャイロトロンの世界最高性能を実現 −JT-60SA電子サイクロトロン共鳴加熱装置向けに開発−
  8. 9-8 回転するプラズマの安定性解析モデルの精密化 −運動論的電磁流体力学モデルへの回転効果の導入−
  9. 9-9 核融合炉の安全な運転停止シナリオの確立を目指して −高エネルギー逃走電子のシミュレーションコードの開発−
  10. 9-10 核融合炉の燃料をどうやって取り出すか −核融合炉ブランケットにおけるトリチウム回収の研究−
  11. 9-11 核融合燃料トリチウムの安定供給を目指して −トリチウム増殖材リチウム微小球の新たな大量製造法を確立−
  1. 10-1 ヘリウムが鉄の粒界割れを促進する −スパコンを用いて粒界結合力低下の法則性を発見−
  2. 10-2 原子力施設の地震リスク評価手法の高度化に向けて −断層モデルと発生頻度予測を組み合わせた地震動生成法の提案−
  3. 10-3 超高速固有値計算による超伝導シミュレーション −実物大シミュレーションを目指して−
  4. 10-4 10万倍の時空間分解能を実現する超並列計算手法 −「京」が切り拓くマルチスケール核融合プラズマ乱流−
  1. 11-1 原子力施設の核物質防護性能を確率的に表現する −敵対者の行動を考慮した原子力施設の防護性能の定量化手法−
  1. 1-1 茨城県北部沿岸における海底の継続調査で明らかに −海底堆積物中の放射性セシウム濃度の変動要因−
  2. 1-2 市町村と協力して広域の線量率分布マップを作成する −走行サーベイを用いた詳細な空間線量率の測定−
  3. 1-3 高線量箇所でも被ばくせずに測定が可能 −無人ヘリコプターを用いた発電所近傍の放射線測定−
  4. 1-4 砂利の表面を削って再利用を図り廃棄物の低減を目指す −汎用機を使っての砂利の除染−
  5. 1-5 計算機が解き明かす放射性セシウム土壌吸着の謎 −第一原理計算が明らかにする粘土鉱物のセシウム吸着メカニズム−
  6. 1-6 放射性セシウムの鉱物への特異的な吸着を解明 −土壌中の放射性セシウムの除染に向けて−
  7. 1-7 地表面から深度方向への放射性物質の移動状況を探る −福島の土壌中深度方向への放射性物質の濃度分布状況調査−
  8. 1-8 森林表土における移動性セシウムの保持機構を探る −土壌微生物と非生物成分による保持量の評価−
  9. 1-9 水の安心のための浄水器 −放射線グラフト重合法によるセシウム捕集材の開発−
  10. 1-10 福島県内における住民の被ばく線量評価 −汚染の地域差と生活行動時間の個人差をどうやって評価に取り入れるか−
  11. 1-11 放射性セシウムを含む汚泥の安全な取扱いのために −汚泥の処理・処分に伴う作業者及び公衆の被ばく線量評価−
  12. 1-12 使用済燃料プール内の金属材料の腐食を防止する −ヒドラジン添加による溶存酸素の除去効果の検証−
  13. 1-13 過酷事故時に生成する燃料デブリ特性 −燃料取出しに向けた模擬デブリ物性の検討−
  14. 1-14 高温の炉心に注水した海水から何ができるか −燃料デブリと海水塩の高温反応生成物を調べる−
  15. 1-15 損傷・溶融した燃料の再臨界を防ぐために −コンクリートを含む燃料デブリの臨界特性の検討−
  16. 1-16 ガンマ線を測定して溶融燃料中の核物質を計量 −随伴FPガンマ線測定による核物質量測定技術の開発−
  17. 1-17 炉心溶融の原因となった崩壊熱の分布を計算 −東京電力福島第一原子力発電所の炉内三次元崩壊熱分布の推定−
  18. 1-18 福島事故の原因を探るにあたってのポイントは何か −福島事故に関する5つの事故調査報告書のレビュー−
  19. 1-19 セシウムをより強く吸着するゼオライトの仕組み −第一原理計算が示したゼオライトの構造と吸着性能の関係−
  20. 1-20 セシウムと一緒に放射性のコバルトやマンガンを除去 −フェロシアン化物イオン添加法による廃液処理プロセス簡素化のための基礎試験−
  21. 1-21 原子炉建屋内の汚染の状況を把握する −コンクリートコアサンプルの分析による汚染の状態評価−
  1. 2-1 地震・津波に対するJSFRの高い安全性の追求 −自然循環崩壊熱除去システムの有効性評価−
  2. 2-2 時間・空間的に変動する流れを計測する −高速炉用超音波流量計の開発−
  3. 2-3 炉内構造物の可視化技術の向上を目指して −USVセンサ表面のナトリウム濡れ性実験−
  4. 2-4 JSME高速炉規格における実証炉用材料の規格化 −316FR鋼と改良9Cr-1Mo鋼の材料強度基準と高温構造設計基準の策定−
  5. 2-5 日仏協力でナトリウムと水の反応の影響を探る −蒸気発生器伝熱管のナトリウム水反応試験−
  6. 2-6 プルトニウム燃料の酸素量を自在に制御する −酸素ポテンシャルの測定と燃料技術への適用−
  1. 3-1 花崗岩体の割れ目形成メカニズムの解明を目指して −花崗岩体の初期冷却が割れ目の空間分布特性に与える影響−
  2. 3-2 瑞浪超深地層研究所における岩盤応力の評価 −測定が困難な条件下における評価事例−
  3. 3-3 地下坑道周辺岩盤の損傷の長期的な変化を探る −弾性波トモグラフィ調査による掘削影響領域の長期的な測定−
  4. 3-4 亀裂の透水性を広域的に推定する −堆積岩を対象とした水理地質学的調査−
  5. 3-5 断層の活動時期を推定する −K-Ar法による断層粘土の生成年代−
  6. 3-6 地下での廃棄体周辺の環境・材料の長期変化を予測する −地球化学環境の変遷に着目した緩衝材及び周辺岩盤の長期挙動評価手法開発−
  7. 3-7 放射性核種の移行に対する天然有機物の影響を探る −深部地下水中の溶存腐植物質の錯形成能評価−
  8. 3-8 地層処分における緩衝材の長期変質挙動を把握する −幅広い化学的条件へ適用可能なスメクタイトの溶解速度モデルの開発−
  1. 4-1 核融合炉に適したマルチパラメータ計測法 −レーザー偏光法による磁場・電子密度・電子温度の同時計測法の考案−
  2. 4-2 ITERダイバータプロトタイプの製作 −実機ダイバータ製作に向けた最初のステップを開始−
  3. 4-3 ベリリウム金属間化合物の微小球製造に成功 −核融合燃料生産に必要な中性子増倍材の微小球製造技術開発−
  4. 4-4 核融合炉設計用核データの精度を調べる −核融合炉の設計の精度向上を目指して−
  5. 4-5 核融合炉条件を作り出す強力中性子源の建設に向けて −高速リチウム流れの厚さと安定度を測る−
  6. 4-6 核融合用強力中性子源の加速器実現に向けて −高周波四重極加速器の高周波結合系用ループアンテナの開発−
  7. 4-7 サテライト・トカマク計画事業の進展 −JT-60SAの組立開始−
  8. 4-8 超大型負イオン源の真空耐電圧の予測データ取得に成功 −JT-60SA及びITER用負イオン源の高エネルギー化に向けた設計指針を確立−
  9. 4-9 超伝導コイルの導体接続部の小型化に成功 −核融合装置用中心ソレノイド製作のための超伝導導体突合せ接続手法の開発−
  10. 4-10 核融合燃料核種によるプラズマ熱拡散の仕組みを理解 −ITERでの核融合炉出力の予測精度の向上へ貢献−
  11. 4-11 スパコン・ヘリオスによる高速イオンの輸送研究 −ITERプラズマにおける高速イオンとアルフベン波の舞−
  1. 5-1 ナノコンポジットの熱的安定性の増大 −ナノ微粒子がブロック共重合体の相転移にもたらす効果−
  2. 5-2 タンパク質・DNAの分子認識機構の解明を目指して −タンパク質・DNA複合体形成時の構造変化を解析する方法を開発−
  3. 5-3 より正確ながんの診断を目指して −がんのPET診断用新規アミノ酸トレーサーD-[18F]FAMTの開発−
  4. 5-4 ダイヤモンドを使って1個のイオンを検出する −NV中心の発光特性を利用した単一イオンのリアルタイム位置検出−
  5. 5-5 高強度γ線ビーム非破壊核種分析へ向けて −高輝度直流電子源から500keV大電流電子ビームを生成−
  6. 5-6 コンパクトな新型コヒーレントX線源の発見 −希薄なプラズマからの相対論的高調波−
  7. 5-7 耐熱光学センサで原子炉配管の地震時健全性を探る −超短パルスレーザ加工技術の保全学への応用−
  8. 5-8 燃料電池を高効率化する「助触媒」の役割を解明 −酸化セリウムが白金酸化物形成の抑制に寄与−
  9. 5-9 量子ビームで明らかにする錯体溶液の秩序構造 −再処理技術の発展を促進する溶液構造の探索−
  10. 5-10 新型高温超伝導体の電子励起の解明 −鉄系高温超伝導体における共鳴非弾性X線散乱スペクトルの観測−
  1. 6-1 燃料に蓄積される核分裂生成ガス量を高精度で評価する −FPガスバブル成長と蓄積ガス量を予測する速度論モデルの開発−
  2. 6-2 大地震で配管のき裂がどの程度拡がるかを予測する −不規則な繰返し荷重に対応したき裂進展評価手法の提案−
  3. 6-3 使用済燃料に含まれる同位体量を測る −使用済燃料中の難測定微量元素の分析法の確立−
  4. 6-4 ステンレス鋼鋳鋼の熱時効脆化の評価 −「ふげん」実機材を用いた熱時効脆化に関する研究−
  1. 7-1 ミクロな磁石の運動を制御して電気をつくる −スピン起電力による磁気パワーインバータ−
  2. 7-2 103番元素のイオン化エネルギーの決定を目指して −表面電離過程を利用したイオン化エネルギー測定法の開発−
  3. 7-3 超伝導体の電子系のゆがみをあやつる −URu2Si2の格子ゆがみと電子系ゆがみの結合−
  4. 7-4 DNA損傷の新しいしくみを発見 −放射線によるDNA損傷プロセスの解明に向けて−
  5. 7-5 電子のスピンをその反粒子で見る −世界最高のスピン偏極率をもった陽電子ビームの開発−
  1. 8-1 新しい型の原子炉の特徴を正確に予測する −炉物理実験データを活用した新たな核設計手法(拡張炉定数調整法)−
  2. 8-2 高エネルギー放射線による原子核破砕の正確な予測に向けて −フラグメント生成反応の新手法による断面積測定と理論モデルの開発−
  3. 8-3 再処理施設用材料の寿命予測に向けて −ネプツニウムを含む沸騰硝酸中におけるステンレス鋼の腐食特性の評価−
  4. 8-4 ウラン錯体が持つサーモクロミズムの発見 −時間分解型レーザー誘起蛍光分光法によるイオン液体中における構造化学−
  5. 8-5 モノアミド抽出剤による再処理プロセスの構築に向けて −ミキサーセトラー型抽出器を用いたU及びPuの連続抽出試験−
  6. 8-6 タンパク質固定化金ナノ粒子のワンポット合成 −簡便・迅速・高効率な合成法の開発とイムノアッセイへの応用−
  7. 8-7 単一粒子のPuが精製された時期を明らかにする −極微量分析技術開発によりIAEAの核活動監視機能に貢献−
  8. 8-8 陸面の放射性物質の動きを詳細に計算 −大気-植生-土壌複合系内核種移行モデルの開発−
  9. 8-9 深層土壌は地球上の炭素の循環に関与している −核実験由来の放射性炭素の半世紀にわたる追跡による炭素循環の解明−
  1. 9-1 多様な熱利用が可能で安全性に優れた小型炉 −開発途上国等に適した小型高温ガス炉の概念設計−
  2. 9-2 ユーザー要件に応える高温ガス炉の安全設計方針を提案 −高温ガス炉に接続する化学プラントを一般産業施設として建設可能に−
  3. 9-3 高温ガス炉による水素生成効率の向上を目指して −膜中のイオンの透過機構を明らかにする−
  1. 10-1 硝酸イオンを分解する技術の開発に成功 −低レベル放射性廃液の安全な処分を目指して−
  2. 10-2 放射性廃棄物に含まれるアクチニドの分析を簡単に −キャピラリー電気泳動法を用いた分析法の開発−
  1. 11-1 動く水素が鉄の割れを促進する −第一原理計算が示すモバイル水素による鉄の脆化効果−
  2. 11-2 トポロジーが鍵となる新しい物質の性質 −超伝導体の性質がトポロジーで分類される−
  3. 11-3 数万台の超並列核融合プラズマシミュレーションを実現 −通信処理中の演算器の待ち時間をゼロにする技術を開発−
  4. 11-4 流体-構造相互作用シミュレーションの高速化 −流動により振動する原子炉機器・配管の挙動解析シミュレーション技術を開発−
  1. 13-1 高速炉伝熱管補修技術の産業応用への挑戦 −レーザー溶接部への高精度ワイヤ供給の成功−
  2. 13-2 私たちの身の回りの放射性セシウム −東海村における東京電力福島第一原子力発電所事故後2年間の放射線状況の推移−
  3. 13-3 高性能構造材料の開発に中性子回折法を役立てる −J-PARCの中性子を利用した先端鉄鋼材料の加工誘起相変態挙動の解明−
  4. 13-4 中性子集光装置を高度化し中性子強度を50倍に高める −J-PARCで超高精度中性子楕円集光ミラーの性能を実証−
  5. 13-5 軸対称な電場で陽子ビームを広げずに加速する −J-PARC環状結合構造(ACS)型加速空洞の開発−
  6. 13-6 放射化法による99Mo国産化を目指して −高密度MoO3ペレットの製造技術開発−
  7. 13-7 ナトリウム中における金属材料のふるまいを調べる −ジルコニウム合金の高温ナトリウムとの共存性の評価−
  8. 13-8 保安機器をいっそう健全に運用管理する −高温ガス炉用中性子検出器の損傷検知手法を確立−
  9. 13-9 イオンマイクロビームでテフロンの微細加工に成功 −高分子材料表面の新しい微細加工技術の開発−
  10. 13-10 大深度地下500mで坑道を掘る −瑞浪超深地層研究所における研究坑道掘削−
  11. 13-11 ラドン温泉の効果を調べる −吸入したラドンの体内での挙動とそれに伴う生体の応答−
  1. 1-1 大気中へ放出された放射性物質 −WSPEEDIを用いた放出量推定と拡散シミュレーション−
  2. 1-2 海洋へ放出された放射性物質 −日本近海域における拡散シミュレーション−
  3. 1-3 環境放射能モニタリングデータの収集・公開 −環境復興の礎となるデータを世界に発信−
  4. 1-4 事故起源の放射性核種はどこまで拡散したのか −CTBT国際監視ネットワークによる大気中の人工放射性核種の測定−
  5. 1-5 環境中の放射性物質の詳細分布を調べる −土壌沈着量分布マップ・空間線量率分布マップの作成−
  6. 1-6 航空機を用いた日本全域の放射線量マップの作成 −事故の影響を視覚的に把握−
  7. 1-7 森林からの被ばく線量の除染による低減効果 −森林に対する除染技術の実証試験−
  8. 1-8 実践から得られた除染の手引き −除染モデル実証事業の成果−
  9. 1-9 土壌をきれいにしたい −土壌の原位置加熱による放射性セシウムの除去可能性の検討−
  10. 1-10 ポリイオン粘土を使った除染方法の開発 −放射性セシウム汚染土壌の除染と再汚染の防止−
  11. 1-11 公園の除染効果について −公園における除染試験と空間線量率の低減−
  12. 1-12 合理的・効果的除染の計画策定を支援するために −除染による空間線量率の低減を効率的に予測するソフトウェアの開発−
  13. 1-13 セシウム134と137を個別定量する簡便な手法 −普及型のNaI(Tl)スペクトロメーターによる弁別定量法を開発−
  14. 1-14 グラフト重合技術を活用しフェルト生地でセシウムを捕集 −放射線グラフト重合法によるセシウム除染材料の開発−
  15. 1-15 水溶性セシウム高選択性吸着剤の開発 −新しい化学結合特性を利用したクラウンエーテルの分子設計−
  16. 1-16 水道水摂取制限の被ばく低減効果を検証 −水道水摂取制限による回避線量の評価−
  17. 1-17 植物に付着した放射性セシウムの分布を可視化する −森林汚染の実態解明に向けて−
  18. 1-18 炉心の溶融進展を解析するためのデータを取得 −スリーマイル島2号機から採取した溶融燃料の熱特性測定−
  19. 1-19 東京電力福島第一原子力発電所1号機の炉心溶融までを把握 −TRACコードによる炉心冷却に及ぼす非常用復水器の影響評価−
  20. 1-20 東京電力福島第一原子力発電所2号機の炉心損傷回避を予測 −事故進展の予測に基づいた注水回復操作の有効性検討−
  21. 1-21 事故で発生した廃棄物の安全な管理を目指して −汚染水処理で発生する廃棄物の長期貯蔵,処理処分に向けた取組み−
  22. 1-22 放射性ストロンチウムを除去して汚染水を淡水に −核燃料再処理廃液向けストロンチウム吸着剤の応用研究−
  23. 1-23 廃ゼオライトからの水素発生に対処するために −ゼオライトと海水との混合物のγ線照射による水素発生量の測定−
  24. 1-24 JMTRの照射技術を用いた特殊計測機器の開発 −過酷環境下にて適用可能な新型水位計−
  1. 2-1 フランス電力が注目する日本の高速炉技術 −安全性向上及び物量削減に係るJSFR技術−
  2. 2-2 炉心崩壊事故の影響を炉容器内に閉じ込める −内部ダクト付き燃料集合体における燃料流出挙動の解明−
  3. 2-3 大口径曲がり管内の流れを予測する −ナトリウム冷却高速炉における大口径配管の流力振動評価−
  4. 2-4 高速炉配管溶接部設計の信頼度をより高く −Type-IV損傷を考慮した改良9Cr-1Mo鋼溶接継手のクリープ強度評価−
  5. 2-5 電源喪失時でも自然循環で炉心冷却できる −地震・津波時の「もんじゅ」炉心冷却能力評価−
  6. 2-6 MOX燃料製造の高効率化に向けて −MOX転動造粒粉を用いた製造プロセスの成立性を確認−
  1. 3-1 沿岸域における地下水の動きを探る −塩水楔現象における塩淡分布の光学的計測−
  2. 3-2 地層処分における硝酸塩の影響を把握する −炭素鋼の腐食に伴う硝酸イオンの化学的変遷挙動のモデル化−
  3. 3-3 放射性廃棄物処分場における湧水抑制に挑む −グラウト浸透モデルの適用性に関する研究−
  4. 3-4 過去の巨大地震を0.1 mmから覗く −単粒子(U-Th)/He法が切り開く低温熱年代学−
  5. 3-5 客観的な基準による断層区間の特定を目指して −数値解析を用いたボーリング孔での断層の区間判定−
  6. 3-6 地下深部における水理地質構造を推定する技術 −研究坑道の掘削に伴う水圧応答を用いた水理地質構造の評価−
  7. 3-7 地下環境の超長期的な変化を復元する技術の開発 −数値シミュレーションによる超長期間を対象とした地下水流動解析−
  8. 3-8 トンネル掘削が周辺岩盤に与える影響を探る −弾性波トモグラフィ調査による掘削影響領域の評価−
  9. 3-9 地下深部における初期地圧の把握を目指して −水圧破砕法による三次元的な初期地圧測定−
  1. 4-1 ITER超伝導コイルの製作に向けて −世界をリードするトロイダル磁場コイル用超伝導導体の調達進展−
  2. 4-2 世界最高性能のプラズマ計測用レーザー装置の開発に成功 −ITER周辺トムソン散乱計測装置用YAGレーザーの開発−
  3. 4-3 大規模三次元マルチビーム軌道解析の実現 −ITER NBI用1 MeV負イオン加速器のビーム偏向の解明と補正法の確立−
  4. 4-4 国際核融合エネルギー研究センター事業の概観 −原型炉設計研究開発調整センター,計算機シミュレーションセンターの取組み−
  5. 4-5 重陽子加速施設の安全確保のために −IFMIF用のプロトタイプ加速器の安全系機器開発−
  6. 4-6 サテライト・トカマク計画事業の進展 −先進超伝導トカマクJT-60SAの建設活動が組立開始に向け順調に進展−
  7. 4-7 超伝導コイルをどこまで精度良く製作できたか −核融合装置用大型超伝導コイル製作の進展と製作精度の評価−
  8. 4-8 ドーナツ型の真空容器をJT-60SA用に製作する −高い製作精度の二重壁構造−
  9. 4-9 回転するプラズマの安定性理論が進展 −抵抗性壁モード安定性解析のために新たな接続理論を構築−
  10. 4-10 核融合燃料トリチウム製造に必要なLiの分離濃縮 −イオン液体による革新的リチウム同位体分離濃縮技術の開発−
  11. 4-11 プラズマの複雑な振る舞いの解明を目指して −トカマクプラズマ全体の統合シミュレーションコードの開発−
  1. 5-1 レーザー駆動生成陽子線エネルギーを大幅向上 −小型化可能なレーザーを用いて世界最高エネルギー陽子線を発生−
  2. 5-2 放射反作用を介したレーザーによる高出力γ線発生 −高強度レーザーによる新しいγ線源の提案−
  3. 5-3 溶液中の核物質の高精度な測定を目指して −単色X線を用いた次世代HKED装置の考案−
  4. 5-4 極低温における材料の変形挙動を中性子で観る −中性子回折による超伝導線材の極低温引張荷重下ひずみ測定−
  5. 5-5 高圧力下で新しい希土類金属水素化物を発見 −圧力誘起相分離で形成されるNaCl型1水素化物−
  6. 5-6 スピン成分と軌道成分を分離した磁化測定に成功 −スピンエレクトロニクスデバイスの材料の新たな測定方法−
  7. 5-7 環境に優しいプラスチックの微細加工方法を開発 −電子線ナノインプリントリソグラフィ法によるポリ乳酸のマイクロ/ナノ加工−
  8. 5-8 Ce(IV)による水からの水素・酸素生成機構解明に貢献 −水からの酸素発生に重要な四価セリウムの二核錯体を発見−
  9. 5-9 タンパク質分子間の会合制御を目指して −X線結晶解析により会合制御の鍵となる一残基のアミノ酸を特定−
  10. 5-10 疎な回折データからの実像回復方法の開発 −短パルス大強度コヒーレントX線による単粒子構造解析の実現に向けて−
  11. 5-11 植物のDNAを大きく変化させる −止まる寸前のイオンビームは大規模欠失変異を高頻度に誘発する−
  1. 6-1 燃料の破損限界を高い精度で評価する −NSRR実験データの発電炉条件への適用手法の開発−
  2. 6-2 原子炉圧力容器の壊れにくさを調べる −残留応力等を考慮した確率論的手法に基づく健全性評価−
  3. 6-3 火災時の放射性物質の閉じ込め安全性を評価する −可燃性物質の燃焼特性データの取得と喚気系フィルタの目詰まり特性の評価−
  4. 6-4 廃棄物処分場の化学環境を決める反応の解明 −高レベル放射性廃棄物の鉄製容器の腐食反応−
  1. 7-1 世界で初めて239Pu核磁気共鳴信号の観測に成功 −Pu化合物の電子状態解明に向けて−
  2. 7-2 音から磁気の流れをつくる −音波と最先端のスピントロニクスを結ぶ新現象の発見−
  3. 7-3 世界最高品質のグラフェン作製手法を開発 −スピン・電子デバイス開発への扉を開く−
  1. 8-1 放射性同位元素核データの高精度化を目指して −J-PARC MLF ANNRIにおける244Cmの中性子捕獲反応断面積測定−
  2. 8-2 軽水炉熱設計手法高度化のための沸騰熱伝達機構の解明 −高密度・高速度伝熱面温度・熱流速同時計測技術の開発−
  3. 8-3 原子炉崩壊熱のより良い推定のために −核データライブラリJENDL/FPD-2011及びJENDL/FPY-2011−
  4. 8-4 燃料設計のためのデータベース構築に向けて −ZrNを希釈材としたTRU窒化物固溶体の熱伝導率評価式の作成に成功−
  5. 8-5 新分析法開発により放射性廃棄物処分の安全評価に貢献 −難分析核種79Se及び135Csの分析と理論計算結果の検証−
  6. 8-6 放射線によるDNA損傷を除去するしくみ −効率良く酵素が損傷を認識する機構のシミュレーションによる解明−
  7. 8-7 原子炉・加速器等における照射損傷の予測に向けて −種々の粒子に対するはじき出し損傷計算モデルの開発−
  1. 9-1 事故が起きても安全な究極の原子炉を探究 −本質的安全高温ガス炉の概念設計研究−
  2. 9-2 止めなくとも冷やせなくとも高温ガス炉は静定 −HTTRを用いた安全性試験:「出力制御機能喪失」+「冷却機能喪失」−
  3. 9-3 高温ガス炉が自ら自然に静定する条件の明確化 −本質的安全高温ガス炉の技術的成立性の検討−
  1. 10-1 放射性廃棄物に含まれるTRU核種分析 −表面汚染金属廃棄物中のPuとAmの分析−
  2. 10-2 焼却灰セメント固化体から重金属の溶出を防ぐために −不溶化剤を用いた重金属の閉じ込め−
  1. 11-1 照射下材料内を不純物はどのように拡散するのか −原子の移動メカニズムを基に拡散レート方程式で粒界への偏析を評価−
  2. 11-2 J-PARCとスーパーコンピュータで超伝導の謎に迫る −鉄系超伝導体の中性子散乱をシミュレーションし電子ペアを決定する−
  3. 11-3 地震の波は原子力施設内にどのように伝わるか −地震波による建屋-機器間連成の精緻なシミュレーションの実現−
  1. 13-1 解体撤去物の再利用を目指して −クリアランスのためのウェットブラスト除染技術−
  2. 13-2 指先の被ばく線量評価の信頼性を向上 −光刺激ルミネセンス(OSL)型リングバッジの開発−
  3. 13-3 原子炉のコンクリートを資源として有効利用する −JRR-3改造工事に伴って発生したコンクリートのクリアランス−
  4. 13-4 放射性廃棄物低減に向けた長寿命核種の分離・回収 −簡素化溶媒抽出法におけるネプツニウムの酸化及び抽出挙動−
  5. 13-5 中性子を光に変えて高位置分解能で検出する −J-PARCの結晶構造解析装置用2次元シンチレータ中性子検出器を開発−
  6. 13-6 空間中の磁場を中性子で可視化 −大強度偏極パルス中性子による新しい磁場可視化技術の開発−
  7. 13-7 1MW大強度陽子ビームの実現へ向けて −ペイント入射法によるビーム損失の低減−
  8. 13-8 世界が注目するHTTRの成果 −高温ガス炉による世界初の長期連続高温核熱供給の達成−
  9. 13-9 ジルカロイ-2/SUS316Lの異材継手の開発 −JMTRにおける軽水炉燃料の出力急昇試験への適用−
  10. 13-10 ナトリウムの材料腐食問題をひも解く −高速炉におけるナトリウム環境効果の評価−
  11. 13-11 ミクロな粒子の化学状態を観る −イオンマイクロビーム誘起発光による顕微イメージング−
  12. 13-12 大深度地下500 mに到達 −瑞浪超深地層研究所における坑道掘削と湧水抑制技術の有効性−
  13. 13-13 γ線の遮へい効果を考慮した新たな評価手法 −不均一に充てんされた廃棄物の放射能評価手法の開発−
  1. 1-1 より高い安全性を実現するコンセプトを世界へ発信 −国際標準に向けたSFR安全設計クライテリアの構築−
  2. 1-2 炉心損傷事故に対する安全性を定量化する −FBRにおける確率論的安全評価手法(レベル2PSA)の開発−
  3. 1-3 自然の力で原子炉停止後の崩壊熱を確実に除去 −自然循環崩壊熱除去時の炉心高温点評価手法の開発−
  4. 1-4 原子炉緊急停止のための操作の有効性を評価する −「もんじゅ」原子炉トリップのためのアクシデントマネジメント有効性評価−
  5. 1-5 FBRプラントの長寿命化に向けて −実機で長期間使用された溶接部並びに補修溶接の評価−
  6. 1-6 FBR格納容器の安全確保と建設期間の短縮を両立 −鋼板コンクリート構造格納容器の開発−
  7. 1-7 最新の核データの精度を「もんじゅ」で検証する −炉定数調整による241Amの核データの検証−
  8. 1-8 電磁波を制御してむらなく無駄なくMOX原料粉を作る −高効率マイクロ波加熱方式の研究−
  9. 1-9 高燃焼度化に必要な燃料被覆管の強度を調べる −ODS鋼被覆管の照射後強度評価−
  10. 1-10 照射中MOX燃料からの余剰酸素の除去 −酸素ゲッター入りMOX燃料の開発−
  11. 1-11 湿式再処理における燃料溶解の効率化に向けて −高速炉燃料再処理向け溶解シミュレーションコードの開発−
  12. 1-12 使用済金属燃料を電解で選択的に溶かす −金属電解法でのU-Pu-Zr合金の陽極溶解挙動−
  13. 1-13 将来の使用済燃料処理に向けた新抽出プロセス構築を目指して −U,Pu共回収プロセス(コプロセッシング法)開発−
  1. 2-1 地質環境調査技術の知の伝承 −次世代型サイト特性調査情報統合システム−
  2. 2-2 遠い将来の隆起・侵食の影響を評価する −我が国の地形変化の特徴を考慮した評価事例−
  3. 2-3 オーバーパックのデータベースを初公開 −設計・製作にかかわる情報、試験データを分かりやすく提供−
  4. 2-4 岩石間隙構造と拡散機構の解明に向けて −ナノX線CTを用いた珪質泥岩の微細間隙構造解析−
  5. 2-5 過去の地殻変動の痕跡から将来を予測する −破壊された岩石から紐解かれる断層の発達史−
  6. 2-6 地下水中に存在するナノスケール微粒子の採取に向けて −被圧・嫌気状態を保持したろ過手法の開発−
  7. 2-7 広大な地下に作用する力を推定する −岩盤応力測定の実測値による推定−
  8. 2-8 立坑掘削に伴う岩盤挙動の解明 −堆積軟岩の岩盤挙動を支配する割れ目系−
  9. 2-9 地層処分技術の信頼性を支える新技術の実証 −低アルカリ性セメントを用いた坑道の本格的施工に成功−
  10. 2-10 積雪寒冷地での地下浅部の水の動きを探る −幌延地域における地下水位と地質構造に基づく浅部地下水流動の研究−
  1. 3-1 ITER超伝導コイルの調達に向けて大きく進展 −ITERトロイダル磁場(TF)コイルの実規模試作−
  2. 3-2 ITER要求性能に迫る負イオンビーム加速を達成 −ITER中性粒子入射装置用1 MeV加速器開発−
  3. 3-3 大電力ミリ波エネルギー伝送効率のITER目標の達成 −ITER電子サイクロトロン加熱電流駆動システムの開発−
  4. 3-4 ITERで電流分布計測の鍵を握る新型炉内ミラーを考案 −ITERポロイダル偏光計用レトロリフレクターの開発−
  5. 3-5 幅広いアプローチ活動におけるサテライト・トカマク計画事業の進展 −順調に進む先進超伝導トカマクJT-60SAの建設活動−
  6. 3-6 自発的に多段階で変化する電場構造を発見 −閉じ込め改善モードの理論モデルに対する新しい知見−
  7. 3-7 国際研究グループを主導して比較実験を企画・実施 −ITERのための中性粒子ビーム電流駆動理論の検証を目指して−
  8. 3-8 核融合反応によるプラズマの回転生成の可能性を探る −アルファ粒子による自発的なトルク生成−
  9. 3-9 核融合原型炉に向けて −幅広いアプローチ活動・国際核融合エネルギー研究センター事業−
  10. 3-10 炉心プラズマ温度分布の形成機構を解明 −第一原理計算によるプラズマ輸送現象の数値実験コードを開発−
  11. 3-11 核融合炉で発生する中性子を加速器で作りだすための小型トリチウムターゲットを製作 −小型トリチウムターゲットの安定調達に目処−
  12. 3-12 核融合原型炉材料の実証のために −世界最大のIFMIF/EVEDAリチウム試験ループの設計と建設−
  1. 4-1 世界一明るく強い電子ビーム源の実現へ −次世代光源のための500 kV光陰極直流電子銃の開発−
  2. 4-2 光速飛翔鏡の反射率を向上 −プラズマ中に励起されるプラズマ波によるレーザー光の高効率反射を実証−
  3. 4-3 軟X線の「偏光」を明らかに −軟X線領域における偏光計測技術−
  4. 4-4 高分子複合材料の核スピン偏極を目指して −2成分モデル系を用いた実証実験に成功−
  5. 4-5 電子の隠された世界を解明する放射光技術を実証 −散乱X線の偏光特性から励起した電子の軌道状態を識別することに成功−
  6. 4-6 コヒーレントX線を利用した分域構造の観察を目指して −マルチスケール観測が解き明かす材料の高機能化の起源−
  7. 4-7 水素貯蔵材料の性能を改善する機構を解明 −放射光X線吸収実験で明らかにした微量添加物の構造−
  8. 4-8 特定レアアースを認識する有機化合物の創成 −レアアースの単元素分離・高純度化技術の開発に向けて−
  9. 4-9 レアアースの国産化に向けて −放射線グラフト吸着材による温泉からの資源採取の検討−
  10. 4-10 副産物のオゾンも活用して工場排ガスを浄化 −電子線と触媒を併用した実規模排ガス処理装置の開発−
  11. 4-11 蛋白質に見つかった低障壁水素結合 −中性子結晶構造解析が新たな創薬の設計原理を導く−
  12. 4-12 粒子線で生じる電場のDNA損傷生成への効果を発見 −がん治療に効くクラスターDNA損傷の生成は電場が促進させる?−
  13. 4-13 放射線は照射後も持続的に染色体を傷つける −γ線照射した植物細胞の子孫で微小核が持続的に出現することを発見−
  1. 5-1 水素を吸収した燃料被覆管が壊れやすい理由 −水素の介在により変化するジルコニウム結晶中の割れの伝わりやすさ−
  2. 5-2 酸化による燃料被覆管の性能劣化を適切に評価する −冷却材喪失時の燃料健全性評価手法に関する検討−
  3. 5-3 原子炉内の腐食環境を知るために −放射線照射下における水化学評価手法の高度化を目指して−
  4. 5-4 原子炉圧力容器の耐食健全性を調べる −ナノ組織解析による熱影響下ステンレスの劣化評価−
  5. 5-5 大地震で配管は壊れるか −大きな荷重が加わった際のき裂のふるまいを予測する−
  6. 5-6 地震が来ても炉心の出力は安定か? −スクラム失敗を想定した地震加速度場における核-熱水力連成解析−
  7. 5-7 運転中の原子炉の内部にある放射能の量をどのように把握するか? −炉内放射能量計算システムの開発−
  8. 5-8 シビアアクシデントで放出されるガス状ヨウ素量を推定 −ヨウ素化学反応モデルの実機評価への適用−
  9. 5-9 ガラス固化体はどのような環境だと溶けやすいか? −地下水中にマグネシウムが含まれる場合−
  10. 5-10 原子炉の安全な解体のために −解体作業時の被ばく線量評価システムの開発−
  1. 6-1 熱,回転,磁化運動から磁気の流れを生み出す −スピントロニクスにおけるスピン流生成の新原理を発見−
  2. 6-2 磁性体中の電子のスピンを偏極陽電子で観測 −新しい高スピン偏極陽電子ビーム技術の開発−
  3. 6-3 新しいタイプの核分裂の発見 −180Hgの核分裂では閉殻構造を持たない核分裂片が生成する−
  4. 6-4 特異な超伝導の背後にあるもの −URuSiの「隠れた秩序相」における異常な電子散乱と超伝導の関係−
  5. 6-5 微生物細胞表面はナノ粒子を生成する工場 −微生物を用いた重元素の回収−
  1. 7-1 原子核の向きをレーザーでそろえる −円偏光レーザー誘起による動的自己核偏極法の開発−
  2. 7-2 金属材料の溶融と凝固の現象を再現する −気液二相流解析手法を固液二相流体系に拡張−
  3. 7-3 核変換技術の実現に向けて −加速器駆動核変換システムの炉心設計課題への取組み−
  4. 7-4 ヘリウム蓄積・放出による燃料ミクロ組織の変化 −結晶格子とペレットの膨張・焼鈍相関を明らかに−
  5. 7-5 難分離性マイナーアクチノイドの相互分離に向けて −疎水性,親水性化合物を併用する新規分離法の試み−
  6. 7-6 アクチノイドはどれほど親水的なのか? −アクチノイドの水/有機相界面標準イオン移動ギブズエネルギーの決定−
  7. 7-7 原子炉材料の照射誘起応力腐食割れを予兆段階で検知する −磁気センサーを用いた材料劣化の診断法に関する研究−
  8. 7-8 試料に触れずに直接同位体の組成を調べる −レーザー遠隔分光法による核燃料物質の同位体分析法の開発−
  9. 7-9 都市での有害危険物質の拡散予測に向けて −局所域高分解能大気拡散モデルの開発−
  10. 7-10 加速器中性子を利用して医療用のRIを作る −革新的な医療用RI生成法の開発−
  1. 8-1 安全性の優れた原子炉を目指して −優れた固有の安全性に基づく高温ガス炉の開発−
  2. 8-2 水素製造に用いるセラミックス機器の高圧化 −機器設計に不可欠な強度評価法の提案−
  1. 9-1 効率的な廃止措置を目指して −管理データ評価システムの開発−
  2. 9-2 超臨界流体を用いた放射性廃棄物の除染法の開発 −超臨界二酸化炭素中での逆ミセル形成とその利用−
  3. 9-3 溶融固化体中の放射性核種分析に向けて −揮発性核種を含む標準試料作製法の検討−
  1. 10-1 シミュレーションで核燃料の性質を明らかにする −二酸化プルトニウムの電子状態を第一原理計算で再現する−
  2. 10-2 水素に起因する鋼の強度低下の謎を解明する −水素原子と鉄原子の動きを再現可能とする原子スケールモデルの開発−
  3. 10-3 原子力分野の実験やシミュレーション結果から重要情報を見逃さないためには −時間と空間の変化を捉える可視化手法の提案−
  4. 10-4 使用済燃料プール内の水の動きを理解する −プールの水面や構造物近傍の乱流を考慮した流体解析モデルの提案−
  1. 11-1 我が国の核不拡散対応を他の国に活かすために −原子力平和利用の信頼確立の要素と今後の課題−
  1. 12-1 「もんじゅ」の運転再開で何が得られたか −「もんじゅ」性能試験(炉心確認試験)の結果−
  2. 12-2 大型グローブボックスパネル交換における低コスト,省力化の実現 −バッグイン・バッグアウト方式を採用した画期的なパネル交換技術−
  3. 12-3 汗をかいて結晶中の液体不純物を除去 −等温発汗効果による硝酸ウラニル六水和物結晶の精製−
  4. 12-4 MOX燃料ペレットの物性値を効率良く調整 −残留炭素によるMOX燃料ペレットのO/M比調整技術の開発−
  5. 12-5 強力な陽子ビームを精密に制御する −デジタル低電力高周波制御系によるビーム制御−
  6. 12-6 パルス中性子ビームの磁気極性をそろえる −J-PARC大強度パルス中性子ビームで利用できる偏極技術の開発−
  7. 12-7 危険物取扱施設の安全性向上に向けた取組み −IFMIF/EVEDAリチウム試験ループにおける漏えい対策の構築−
  8. 12-8 燃料ペレットのふるまいを透視する −高解像度X線CTによる高速炉燃料の照射挙動究明−
  9. 12-9 JMTRを用いた99Mo国産化への挑戦 −99Mo-99mTcジェネレータ用新型Mo吸着剤の開発−
  10. 12-10 放射線量測定範囲を拡張する −電子線・γ線加工処理における品質保証に役立つ線量計測技術の開発−
  11. 12-11 大深度地下を掘削する −瑞浪超深地層研究所における研究坑道掘削−
  12. 12-12 ウラン廃棄物中のウランを中性子ではかる!! −ウラン廃棄物の計量管理測定用NDA装置NWASの開発−
  1. 1-1 実用FBRの信頼性を向上する冷却システム概念 −FBR実用化に向けたバウンダリ2重化設計−
  2. 1-2 核拡散させにくい炉心の設計とは? −物質障壁に着目した実用FBR炉心の検討−
  3. 1-3 次世代FBRの安全性の向上を目指して −炉心崩壊事故時の厳しい出力上昇の排除−
  4. 1-4 蒸気発生器伝熱管の小さなキズも見逃さない −三次元シミュレーションによる渦電流探傷技術の高度化−
  5. 1-5 燃料集合体からの安定かつ確実な燃料ピンの分離技術 −FBR燃料集合体の機械式解体システムの開発−
  6. 1-6 放射性物質の発熱に強い化学分離プロセスを開発 −MAの抽出クロマトグラフィー分離システム−
  7. 1-7 核燃料ペレット原料粉末の流動性測定手法の高度化 −模擬粒子を用いた振動細管法の適用性検討−
  8. 1-8 物性値でFBR燃料の燃焼挙動を解析する −NpとAmを含有したMOX燃料の開発−
  9. 1-9 PuとSiの化合物を調べる −MOX燃料に含まれる不純物の挙動評価−
  10. 1-10 電解によりウランとTRU元素を共回収する −金属電解法乾式再処理技術開発−
  11. 1-11 原子炉構造物の照射損傷を監視する −磁気測定による照射損傷評価法の開発−
  12. 1-12 ナトリウムの活性度抑制制御へのチャレンジ −ナノ粒子との原子間相互作用による反応抑制技術の開発−
  1. 2-1 知と技の伝承への挑戦 −地層処分の知識マネジメントシステム・プロトタイプの公開−
  2. 2-2 熱-水-応力-化学連成解析モデルの構築を目指して −緩衝材の地球化学プロセスに着目した工学規模の人工バリア試験と解析評価−
  3. 2-3 地下水中の放射性核種の化学形と溶解度を評価する −地層処分の安全評価に必要な熱力学データベースの整備−
  4. 2-4 実際の表層環境における放射性核種の移行をモデル化する −生物圏評価モデル構築のためのアプローチの提案−
  5. 2-5 微生物から地下1000mの化学環境を探る −土岐花崗岩を対象とした原位置における微生物の生物学的特性−
  6. 2-6 大陸地殻の進化の解明へ −岩相と化学組成の空間分布から推定する結晶質岩の形成プロセス−
  7. 2-7 能登半島の高温泉の成因を解明 −非火山地帯の熱水活動のメカニズムに関する研究−
  8. 2-8 大深度立坑の施工管理指標の構築を目指して −大深度立坑掘削のための岩盤挙動分類の提案−
  9. 2-9 深地層に分布する堆積岩の変形・破壊挙動を探る −室内試験に基づく堆積岩の力学特性評価−
  10. 2-10 深部地球化学環境の長期変遷を探る −地下水-鉱物-微生物の相互作用に関する研究−
  1. 3-1 ITER超伝導コイル用導体の製造開始 −高品質製造技術を世界に先駆け確立−
  2. 3-2 ITER用炉内保守ロボットの技術開発 −狭隘アクセスポートから保守ロボットを炉内に自動設置する組立て技術の実証−
  3. 3-3 世界最大の高純度セラミックリングの絶縁性能を実証 −ITER中性粒子ビーム入射装置に向けた高電圧ブッシング開発−
  4. 3-4 薄くて丈夫で良く冷える核融合燃料を生み出す箱の完成 −ITERテストブランケット燃料増殖層の製作実証と性能試験−
  5. 3-5 幅広いアプローチ活動におけるサテライト・トカマク計画事業の進展 −先進超伝導トカマクJT-60SAの日欧共同建設の開始−
  6. 3-6 大面積負イオンビームの高エネルギー化に成功 −JT-60SA中性粒子ビーム入射装置の実現に大きく貢献−
  7. 3-7 高圧力プラズマで発生する新たな不安定性の発見 −核燃焼・高圧力プラズマに向けた不安定性物理の開拓−
  8. 3-8 トカマク周辺プラズマ流の複雑構造の解明 −第一原理先進的粒子シミュレーションが拓くプラズマ物理−
  9. 3-9 プラズマの不純物輸送現象を究明 −対向壁表面のタングステン量の精密な定量分析法を開発−
  10. 3-10 核融合炉構造材料の更なる向上を目指して −低放射化フェライト鋼F82Hの介在物コントロール−
  11. 3-11 核融合原型炉材料の実証のために −IFMIF/EVEDAにおける微小試験片試験技術の開発−
  1. 4-1 水の新たな姿を明らかに −水の不思議な性質の解明にまた一歩前進−
  2. 4-2 内殻軌道からのトンネルイオン化を初めて観測 −大規模シミュレーションとの比較でイオン化軌道を初めて同定−
  3. 4-3 「重い電子」が作るフェルミ面の直接観測に世界で初めて成功 −磁性と共存する不思議な超伝導の機構解明への糸口−
  4. 4-4 表面形状変化をナノメートルの精度で直接観察 −ナノメートルの形状変化が瞬時に測れる軟X線レーザー干渉計を開発−
  5. 4-5 排ガス浄化中における金属微粒子の挙動 −時分割X線吸収分光による触媒反応中の金属微粒子の直接観察−
  6. 4-6 超新星爆発で発生するニュートリノによる元素の合成 −太陽系で最も希少な同位体タンタル180の宇宙起源の理論的解明−
  7. 4-7 イオン照射と放射光で探る太陽系物質の起源 −始原的隕石中の希ガス元素は有機高分子中にあるのか?−
  8. 4-8 新たなグラフト重合による高耐久性電解質膜の開発 −放射線/リビンググラフト重合によるブロックグラフト膜の合成−
  9. 4-9 原子炉の厳しい放射線環境でも動作する半導体 −高耐放射線性の炭化ケイ素半導体トランジスタの開発−
  10. 4-10 内部からの溶接が可能な配管の検査補修システム −レーザー加工技術と渦電流探傷技術の統合−
  11. 4-11 中性子回折法による酵素反応中間体の観測 −セリンプロテアーゼのオキシアニオンホールの観測に成功−
  12. 4-12 低解像度情報をもとに生体超分子の構造変化を見る −三次元電子顕微鏡構造から原子モデル構造を構築する計算手法の開発−
  13. 4-13 小さながんでも見逃さない新しいRI薬剤を開発 −76Br-MBBGによる褐色細胞腫のPET画像化に成功−
  1. 5-1 レーザー駆動粒子線がん治療装置開発のための新しい高効率イオン加速法の実証 −ナノ粒子ターゲットから生成されるサブ臨界密度プラズマを利用した粒子加速−
  2. 5-2 光の圧力で粒子にエネルギーを限りなく与え得ることを提唱 −光圧力による薄膜状プラズマの同期加速−
  1. 6-1 高燃焼度燃料の安全基準の合理性向上を目指して −NSRR高温カプセルを用いた反応度事故時燃料挙動の解明−
  2. 6-2 軽水炉用高燃焼度MOX燃料の熱特性評価 −長期使用によるMOXペレットの熱伝導率変化−
  3. 6-3 原子炉の制御棒を安全に長期間使用するために −ハフニウムの特性評価−
  4. 6-4 原子炉圧力容器をいかに安全に長く使うか −ナノ組織解析による機構論的な寿命予測−
  5. 6-5 原子炉圧力容器の構造健全性を調べる −肉盛溶接を考慮した破壊力学的評価−
  6. 6-6 リスク評価結果の不確実さへの寄与を調べる −新重要度指標の提案と汎用コードの開発−
  7. 6-7 炉心損傷事故で放射性ヨウ素はどのくらい放出される? −放射線場での化学反応による気体状ヨウ素生成を調べる−
  8. 6-8 良く検証された計算手法による臨界量データの算出 −臨界安全ハンドブック・データ集第2版の公刊−
  9. 6-9 岩盤中での物質の移行挙動を解明する −地下の還元的な条件における収着実験−
  1. 7-1 超重原子をシングルアトムで分析する −フロー電解クロマトグラフ法によるNo元素の酸化−
  2. 7-2 ウラン化合物の謎に挑む −超高純度単結晶URu2Si2の新規物性−
  3. 7-3 同位体分離のブレークスルー −固体や液体状態で同位体を遠心分離する−
  4. 7-4 微生物の不思議な機能を探る −微生物による白金族ナノ粒子触媒の作製−
  5. 7-5 放射線の生物影響を探るツールを開発 −放射光軟X線を用いた選択的DNA損傷の誘発−
  1. 8-1 科学と技術のための新しい核データ集の誕生 −汎用評価済核データライブラリJENDL-4.0の完成−
  2. 8-2 世界最高性能の中性子核反応測定装置が本格稼動 −高精度核データの取得を目指して−
  3. 8-3 金属材料の変形過程をミクロな視点で観察する −原子シミュレーションによる欠陥構造のモデリング−
  4. 8-4 高照射損傷を受ける原子力機器構造設計を合理化 −高照射による延性低下にも適用できる構造健全性概念を構築−
  5. 8-5 材料の特性をミクロな観点から明らかにする −X線CTを用いたセラミックス材料のイメージベースモデリング−
  6. 8-6 イオン液体を媒体とした高効率抽出分離システム −金属イオン及びタンパク質抽出への応用−
  7. 8-7 放射線は細胞,人体,地球にどのような影響を与えるのか? −高エネルギー放射線被ばく影響評価に関する統合的研究−
  8. 8-8 簡便・低コスト新規回収技術:エマルションフロー法 −放射性廃液処理技術から排水浄化技術への展開−
  1. 9-1 将来の効率的な水素製造を目指して −熱化学法ISプロセスにおけるヨウ化水素濃縮用分離膜の開発−
  2. 9-2 高温ガス炉水素製造システムの安定運転に向けて −水素製造施設の異常時に原子炉に影響を与えない運転制御−
  1. 10-1 再処理低放射性廃液の新たな処理技術開発 −低放射性廃液のセメント固化技術の確立を目指して−
  1. 11-1 効率的なクリアランスの判断に向けて −評価対象核種を選定するプログラムの開発−
  2. 11-2 合理的なウラン廃棄物処分の実現に向けて −ウラン廃棄物の余裕深度処分における安全評価−
  3. 11-3 研究施設等廃棄物に含まれる放射性核種の分析技術 −廃棄物分析の簡易・迅速法の分析指針−
  1. 12-1 原子力シミュレーションの長時間実行を可能へ −大規模シミュレーションを容易に実行可能とする基盤技術を開発−
  2. 12-2 Cellクラスタによる高速固有値解法の開発 −核融合プラズマの実時間安定性制御を目指して−
  3. 12-3 進化の仕組みを用いて正確な材料劣化シミュレーションを行う −遺伝的アルゴリズムによる多結晶体構造の生成−
  4. 12-4 鉄系超伝導体の特異な性質と新規デバイスの可能性 −特性を活かした多様な工学的応用を目指す研究開発−
  1. 13-1 次世代核燃料サイクル施設の先進保障措置を目指して −低除染,MA混合,大量Pu取扱施設の保障措置検認技術開発−
  1. 14-1 繊維との編み合わせによるプラント監視センサ −超短パルスレーザ加工技術の原子炉配管への応用−
  2. 14-2 軽水炉試験を加速する静電容量ボイド率計の開発 −高温高圧条件下でボイド率のリアルタイム計測達成−
  3. 14-3 硝酸ウラニル六水和物結晶の高純度化に向けて −プルトニウム−セシウム硝酸化合物の物理化学的特性−
  4. 14-4 Pu,U分析の更なる信頼性向上 −核燃料施設として国内初のISO試験所認定取得−
  5. 14-5 原子運動の全貌を中性子が明かす −J-PARCで新しい高効率非弾性中性子散乱測定手法の実証実験に成功−
  6. 14-6 世界で最も明るく輝くJ-PARC中性子源を実現 −斬新な線源開発と順調な加速器出力の上昇が貢献−
  7. 14-7 二酸化炭素を排出しない水素製造技術の開発 −ハイブリッド熱化学法の開発−
  8. 14-8 光ファイバによる高温・高放射線環境下の遠隔検査 −「常陽」における原子炉容器内観察−
  9. 14-9 熱膨張に追従し、熱応力を低減する三次元浮動支持 −高温機器・配管熱変位挙動の評価手法確立−
  10. 14-10 極微のイオンビームを素早く切り換える −サイクロトロンにおけるカクテルビーム加速とマイクロビームの融合−
  11. 14-11 地下400mを超え、更に深部を目指して −瑞浪超深地層研究所における研究坑道掘削と湧水抑制技術−
  12. 14-12 環境に配慮した放射性廃棄物処理技術の開発 −イオン液体を媒体としたウラン回収技術の開発−
  13. 14-13 加速器質量分析装置(AMS)が認証標準物質の作製に貢献 −IAEAによるヨウ素129濃度測定国際相互比較結果−
  1. 1-1 経済性を向上した実用FBRプラント概念 −革新技術の研究開発とプラント設計への着実な反映−
  2. 1-2 次世代FBRの環境負荷低減性などの向上 −MA含有酸化物燃料を適用した炉心・燃料設計−
  3. 1-3 将来のFBR燃料の照射挙動を調べる −Am含有MOX燃料の短期照射挙動−
  4. 1-4 時間変化する流体と構造との熱的なつながりを解く −T字合流配管部を対象とした非定常解析−
  5. 1-5 合理的な高温機器の設計 −クリープ設計限界曲線を用いた高温構造設計領域の設定法−
  6. 1-6 高温配管の健全性確認の性能向上に向けた挑戦 −配管減肉モニタリングセンサの開発−
  7. 1-7 ナトリウムの燃え方に迫る −初期の表面酸化反応で生成するユニークな酸化物成長への影響因子−
  8. 1-8 巨大地震時の免震装置の終局挙動を把握する −水平免震システムの免震効果確認と終局挙動試験−
  9. 1-9 使用済燃料を効率良く溶かす −FBR燃料再処理向け回転ドラム型連続溶解槽の開発−
  10. 1-10 シンプルにアクチニド元素の原子価を制御 −U-Pu-Np共抽出プロセスの開発−
  11. 1-11 簡素化ペレット法燃料製造技術の実用化への研究開発 −マイクロ波加熱(脱硝)における沸騰挙動のメカニズム解明(容器形状の影響)−
  1. 2-1 地層処分技術の知識の体系化 −知識マネジメントシステムの開発−
  2. 2-2 岩石亀裂中の地下水の動きを探る −光学的手法による亀裂中の定量計測について−
  3. 2-3 断層が将来放射性廃棄物の処分場に走ったとしたら? −人工バリアせん断応答特性把握に向けた試験とモデル開発−
  4. 2-4 信頼性の高い核種移行データベースの開発 −収着/拡散データベース(JAEA-SDB/DDB)の改良・更新−
  5. 2-5 1mgの炭素で分かる過去の地質イベント −加速器質量分析装置を用いた年代測定技術開発−
  6. 2-6 地下水の流れを効率的にモデル化・解析する! −複雑な地下水流動場の効率的なモデル化・解析を目指したシステムの開発−
  7. 2-7 岩盤中の割れ目の空間分布を探る −地質学的解釈に基づく割れ目密度分布モデリング手法の開発−
  8. 2-8 一本のボーリング孔から割れ目の連続性を探る −堆積岩を対象とした割れ目調査−
  9. 2-9 地下水の長期観測データから見えること −堆積岩を対象とした間隙水圧長期観測データの解析−
  10. 2-10 掘削時の計測データから坑道の安定性を評価 −堆積軟岩を対象とした情報化施工プログラムの適用−
  1. 3-1 60万Wの電磁波の高速オン/オフにより不安定性の効果的な抑制に成功 −ITERでの効率的な不安定性抑制手法を実証−
  2. 3-2 ITERプラズマの予測精度を向上 −周辺部輸送障壁の幅を決めるパラメータを解明−
  3. 3-3 先進プラズマの崩壊現象を探る −プラズマ流と多段階現象の解明−
  4. 3-4 MWを超える高出力中性ビームの世界最長入射 −JT-60SAでの100秒入射に向けて−
  5. 3-5 原子力機構開発の多孔多段型加速方式に決定 −ITERプラズマ加熱装置用加速器の方式選択試験−
  6. 3-6 ITERによる超伝導コイル技術の進展 −世界最大の超伝導コイルの技術開発−
  7. 3-7 ITERダイバータプラズマ制御のための計測装置開発の進展 −ITERの過酷な環境で使用できる信頼性の高い分光計測装置の開発を目指して−
  8. 3-8 大出力ジャイロトロンの高繰り返し出力の成功 −ITERの実験入射を模擬して−
  9. 3-9 ITERダイバータ高熱負荷試験に世界で初めて成功 −実機熱負荷に耐えるITERダイバータモックアップ完成−
  10. 3-10 核融合炉材料の中性子による発熱の予測精度向上を目指して −放出荷電粒子に対する二重微分断面積の測定−
  11. 3-11 核融合炉材料の実証のために −核融合材料照射用中性子源IFMIFの液体Liターゲットの開発−
  1. 4-1 強く相互作用した電子の集団的揺らぎを観測 −電荷ストライプの集団励起の研究−
  2. 4-2 希薄磁性半導体の軟X線磁気円二色性による研究 −放射光が明らかにしたスピントロニクス材料の性能向上への指針−
  3. 4-3 水素エネルギー社会実現へ向けた材料開発へ指針 −水素とアルミニウムの直接反応によるアルミニウム水素化物の合成−
  4. 4-4 人工衛星の寿命を効率的に予測する −新型宇宙用太陽電池の放射線劣化モデルを構築−
  5. 4-5 金属酸化物が電子線照射下で活性触媒に変身! −電子線照射ガンマアルミナによる有機物の酸化分解促進効果−
  6. 4-6 革新的レーザー同位体分離へ向けて分子の振動を制御する −極短パルスレーザーによるヨウ素分子の振動状態制御−
  7. 4-7 レーザーと電子の衝突によるγ線ビームの発生と利用 −厚い遮へいを通して隠れた同位体の位置と形状を測定−
  8. 4-8 より治療効果の高いエイズ治療薬の創製を目指して −HIV-1プロテアーゼの中性子結晶構造解析に成功−
  9. 4-9 中性子非弾性散乱による蛋白質ダイナミクスの研究 −揺らぐ蛋白質を見る−
  10. 4-10 空気中の窒素を養分にするマメ科植物の能力 −共生的窒素固定のポジトロンイメージング技術による画像化−
  11. 4-11 たった10個の重イオンが100万個の細胞に引き起こす照射効果 −重イオンマイクロビームでバイスタンダー効果の機構に迫る−
  12. 4-12 がんの放射線・化学療法のための新しい薬剤を創る −放射線で壊れるナノカプセルの開発−
  1. 5-1 チェルノブイリデータで環境評価モデルを検証する −環境影響評価モデルOSCAARの妥当性検証−
  2. 5-2 原子炉内で長期間使用された燃料被覆管の酸化挙動 −LOCA時の酸化速度に及ぼす高燃焼度化の影響−
  3. 5-3 ペレットの結晶組織が照射中に変化するのはなぜか −UO2ペレットの結晶組織に発生するひずみと組織変化の関係−
  4. 5-4 過熱炉心の液滴冷却効果を探る −沸騰遷移後の熱伝達率及びリウェット速度モデルの開発−
  5. 5-5 地震時における原子炉配管の健全性を調べる −過大な荷重が溶接部の残留応力に与える影響−
  6. 5-6 臨界事故に備えた迅速な被ばく線量評価技術の開発 −熱ルミネッセンス線量計を用いた中性子線の高線量測定−
  7. 5-7 海岸近くの放射性廃棄物処分場の安全性を探る −海水系地下水との化学反応を伴う物質移行モデルの開発−
  8. 5-8 大きなスケールでの地下水の流れをとらえる −堆積岩地域における広域地下水流動に関する研究−
  1. 6-1 C60-Co薄膜で生じる巨大磁気抵抗効果の起源を解明 −放射光で探る有機分子-遷移金属材料のスピン状態−
  2. 6-2 ウランのレモン型変形が新たな核分裂チャンネルを開く −超重原子核274Hsの核分裂−
  3. 6-3 特異な超伝導を誘起する磁気ゆらぎを明らかに −NMR法によるウラン化合物の超伝導機構の探求−
  4. 6-4 正ミュオンを使って格子間水素の状態を探る −希土類系水素吸蔵合金の微視的理解に向けて−
  1. 7-1 大規模模擬実験に頼らず核設計予測精度を確認する −複数の臨界実験を活用した新しい予測精度評価手法の開発−
  2. 7-2 核変換研究用核反応断面積の高精度化に向けて −放射化法による高速中性子捕獲断面積測定手法の開発−
  3. 7-3 再処理の技術基盤を支えるデータ集の完成 −基礎から実燃料試験までを網羅する「再処理プロセス・化学ハンドブック第2版」−
  4. 7-4 再処理機器用ステンレス鋼の腐食機構の解明 −ホット施設によるNp含有硝酸溶液の腐食促進作用の研究−
  5. 7-5 Am含有酸化物燃料の熱的挙動変化を探る −不定比組成Am酸化物の熱力学的性質を解明−
  6. 7-6 世界各地での放射性物質の大気中の拡散を迅速に予測する −緊急時環境線量情報予測システム(世界版)WSPEEDI-IIの開発−
  7. 7-7 姿勢が被ばく線量評価に及ぼす影響を解明 −日本人精密ボクセルファントムを用いた臓器線量解析−
  8. 7-8 熱化学水素製造法ISプロセスの高効率化に向けて −ヨウ化水素水溶液の高圧気液平衡物性を測定−
  9. 7-9 高温ガス炉を用いて安全に水素を製造するために −原子炉からの放射性物質の移行を止める−
  1. 8-1 MOX燃料の再処理に向けて −Pu精製工程における溶媒劣化とその影響−
  2. 8-2 回転機器の安定運転への取組み −ショックパルス法による状態監視−
  1. 9-1 合理的な原子力施設の廃止措置の実施に向けて −廃止措置費用の迅速評価手法の開発−
  2. 9-2 放射性廃棄物の処分に必要な信頼性の高い廃棄体データの提供 −廃棄物の発生から処分までのデータを一元管理するシステムの開発−
  3. 9-3 合理的なウラン廃棄物のクリアランスと処分の確立に向けて −自然放射線量と環境中のウランの寄与を理解する−
  1. 10-1 バックグラウンドとの闘い −微量核物質の超高感度検出法開発−
  1. 11-1 レーザー駆動陽子線でがん細胞のDNA2本鎖切断を実証 −超小型粒子線がん治療装置の臨床実証へ大きく前進−
  2. 11-2 レーザー装置の小型化・高強度化に成功 −レーザー駆動型粒子線治療器用レーザーの実現を目指して−
  1. 12-1 硫黄やリンが鉄を脆くする仕組みを解明 −第一原理計算によって明らかになった粒界脆化メカニズム−
  2. 12-2 世界中の計算機を自在に連携した原子力シミュレーションの実現 −原子力グリッド基盤AEGISの構築−
  3. 12-3 鉄化合物超伝導体の超伝導発現機構の探索 −SPring-8と第一原理計算のコラボレーション−
  4. 12-4 テラ〜ペタバイト大容量データの評価を支援する −大規模シミュレーションが出力する大容量データ評価のための新分析手法の提案−
  1. 13-1 核物質を連続的に厳しく管理する −プロセスモニタリングのアルゴリズム高度化研究−
  1. 14-1 遠隔非破壊検査技術を用いた蒸気発生器伝熱管検査 −渦流探傷試験,目視試験,漏えい試験による蒸気発生器伝熱管の健全性確認−
  2. 14-2 中性子測定器のkeV領域での正確な感度測定を実現 −加速器を利用したkeV領域単色中性子校正場の開発−
  3. 14-3 試薬を用いない新しい再処理法を提案 −ウラン・プルトニウム共晶析現象を応用した再処理プロセスの開発−
  4. 14-4 軽水炉用MOX燃料の信頼性向上のために −「ふげん」等MOX燃料の照射試験データベースの構築−
  5. 14-5 より高い加速電場を目指して −J-PARC RCS高周波空胴のための金属磁性体コアの開発−
  6. 14-6 水素社会実現のためのブレークスルーを目指す −水素貯蔵材料用パルス中性子全散乱装置の建設−
  7. 14-7 大気中の塩分より希薄なナトリウムを検出する −レーザー質量分析を用いた超高感度ナトリウム漏えい検出器−
  8. 14-8 ウランを用いない先進的医療診断用99Mo製造への挑戦 −モリブデン酸塩水溶液を用いた99Moの製造技術開発−
  9. 14-9 高温ガス炉の実用化に向けた技術開発 −原子炉圧力容器の非破壊試験技術−
  10. 14-10 イオンビームを用いてアスベスト肺を高感度で診断 −肺の中にあるアスベストの種類を細胞レベルで特定−
  11. 14-11 大深度地下に研究坑道を掘る −瑞浪超深地層研究所における坑道掘削時の湧水抑制技術−
  12. 14-12 ラドン測定に係るトレーサビリティの構築 −ラドン測定技術の標準化と精度の保証−
  13. 14-13 地球上でのヨウ素129の動きを探る −ヨウ素129の起源別割合の推定−
  1. 1-1 冷却系配管の短縮による経済性向上を実現 −高温強度,靭性及び組織安定性に優れたFBR構造用高クロム鋼の開発−
  2. 1-2 原子炉容器の構造健全性を評価する −レーザースペックルを用いた液面近傍熱変形の計測−
  3. 1-3 流体温度変動の構造物への伝達と減衰を見極める −FBRでの炉心出口部熱疲労評価に向けて−
  4. 1-4 コンパクトな原子炉容器のための燃料交換法の開発 −ナトリウム蒸気雰囲気下における燃料交換機軸受耐久試験−
  5. 1-5 FBRの仮想的炉心損傷時の挙動を精度良く解析する −超高温複合熱流動現象の三次元シミュレーション−
  6. 1-6 溶融炉心物質のふるまいの実験的解明 −カザフスタンとの共同研究によるEAGLEプロジェクト−
  7. 1-7 SGで伝熱管が破損したときの複雑な現象を解析する −SG安全評価のためのナトリウム-水反応現象数値解析コード開発−
  8. 1-8 晶析技術による効率的ウラン回収システムの開発 −実用化に向けた晶析システムの開発状況−
  9. 1-9 マイナーアクチニド回収の実用化に向けて −抽出クロマトグラフィーによる分離回収システムの開発−
  10. 1-10 簡素化ペレット法燃料製造技術の実用化に向けて −マイクロ波加熱脱硝転換・造粒一元処理技術の開発−
  11. 1-11 TRU燃料製造における発熱対策 −TRU燃料製造システムのための発熱対策の概念設計研究−
  1. 2-1 地層処分技術の知識の活用に向けて−知識マネジメントシステムの詳細設計−
  2. 2-2 緩衝材基本特性データベースの公開 −多彩な機能を有する緩衝材特性データの集約−
  3. 2-3 考古学的遺物に学ぶ金属の長期腐食挙動 −地層処分研究への自然界での類似現象の活用−
  4. 2-4 安全評価体系の現実的な処分環境への適用に向けて −FepMatrixツールを用いた基盤情報の整理と展開−
  5. 2-5 地層処分技術に関する知識基盤の構築に向けて −地質環境調査にかかわるノウハウや判断根拠の分析・整理−
  6. 2-6 地下水の地球化学データを対象とした品質評価手法の構築 −Evidence Support Logicに基づいた手法の提案−
  7. 2-7 地下からの水素ガス濃度に基づき断層活動の特徴を探る −携帯型水素ガス検知器の開発と適用事例−
  8. 2-8 地層処分研究開発における将来予測への取組み −地史に基づく数10万年後の地下水流動の長期的変遷の推定−
  9. 2-9 地表から地下への水の動きを探る −北海道幌延地域での表層水理調査の概要−
  10. 2-10 地下にもぐり、初期地圧の状態を探る −水圧破砕法による三次元初期地圧測定−
  1. 3-1 ITERの長時間燃焼を確実に −高閉じ込め・高圧力プラズマの長時間維持−
  2. 3-2 プラズマの圧力による自発回転を発見 −自律性の高い高圧力プラズマの理解へ−
  3. 3-3 JT-60プラズマ映像データベースシステムを開発 −ITER-BA遠隔実験に向けたプラズマ映像データ創成配信技術−
  4. 3-4 JT-60高周波加熱電流駆動装置を超高出力化 −高周波源の出力世界記録 (1.5MW,1秒 )を達成−
  5. 3-5 ITER建設に向けて目標性能を世界で初めてクリア −プラズマ加熱装置ジャイロトロンで高出力・定常動作を実証−
  6. 3-6 大面積負イオン源の開発 −低ガス圧高均一負イオン生成とメンテナンスフリー負イオン源を目指して−
  7. 3-7 4tのブランケットを最終精度0.5mmで遠隔設置 −ITER用遠隔保守ロボットの位置決め制御性の改善−
  8. 3-8 核融合炉燃料トリチウムの安定供給に必要な材料 −水素により還元されないトリチウム増殖材料の開発−
  9. 3-9 燃料電池を使ってトリチウムを取り出す −ブランケットスイープガスからのトリチウム回収技術−
  10. 3-10 コンパクトな核融合原型炉の炉概念を構築 −高稼働率を可能にする炉構造・保守概念−
  1. 4-1 光速で飛ぶ鏡をレーザーで作る −プラズマ中の電子密度変調からの光の反射と周波数上昇の実証−
  2. 4-2 酵素反応を解明する鍵となる水素原子の観察 − [NiFe ]ヒドロゲナーゼ活性中心モデル化合物の中性子構造解析−
  3. 4-3 重イオンが細胞に良く効くのはなぜ? その謎を化学で解く −DNA損傷を引き起こす活性種を定量評価−
  4. 4-4 植物由来のセルロースから作り上げた生分解性弾性ゲル −放射線橋かけと分子凝集の組合せの妙−
  5. 4-5 医学及び産業利用を目指した小型陽子線加速器の実現へ −レーザー駆動陽子線の生成効率向上を実現−
  6. 4-6 温度上昇で収縮する物質中の不規則な構造ひずみ −局所構造ひずみが引き起こす磁気体積効果の緩和 (インバー効果)−
  7. 4-7 新しい放射光X線分光法で観る電子の運動状態 −共鳴非弾性X線散乱による梯子格子銅酸化物の電荷励起の観測−
  8. 4-8 長周期の奇妙な結晶構造を金属水素化物で発見 −金属格子中の水素によって誘起される現象解明への手掛かり−
  9. 4-9 高温作動燃料電池開発のブレークスルー −高耐熱性芳香族高分子への導電性付与に成功−
  10. 4-10 コンクリート構造物中の鉄筋のひずみを見る −中性子回折法による非破壊ひずみ測定技術の応用−
  11. 4-11 高強度レーザーの小型化・低ノイズ化に成功 −レーザー駆動小型粒子線がん治療器の実現に向けて−
  12. 4-12 放射線を感じる仕組みを発見 −線虫C.エレガンスにおけるGPC-1タンパク質の役割−
  1. 5-1 運転経験から学ぶために −加圧水型原子力発電所における1次冷却水応力腐食割れ事例の分析−
  2. 5-2 プルサーマル用MOX燃料のふるまいを計算で追う −FEMAXI-6コードによるHalden MOX燃料照射データの解析−
  3. 5-3 ペレットの組織変化は事故時燃料挙動に影響するか −反応度事故条件下における高燃焼度BWR燃料からのFPガス放出−
  4. 5-4 PWRの苛酷事故を防止する原子炉計装 −事故時の炉心過熱度と出口検出温度との乖離原因を解明したOECD/ROSA実験−
  5. 5-5 炉心冷却水の急激な沸騰と泡のふるまいを測る −反応度事故時燃料発熱量のより正確な予測を目指して−
  6. 5-6 原子炉圧力容器鋼の破壊抵抗を調べる −へき開破壊と粒界破壊が混在するときでも適切に破壊靱性を評価−
  7. 5-7 使用済燃料が新燃料に比べて臨界になりにくいことを利用する −燃焼度クレジット解析手法の検証用データの取得−
  8. 5-8 放射性廃棄物の処分可能な放射能レベルは? −TRU廃棄物の濃度上限値を決定するための被ばく線量の計算−
  9. 5-9 放射性廃棄物処分場の閉じ込め性能はどれくらいもつか −ベントナイト系緩衝材の長期変質挙動のモデル化−
  1. 6-1 超重元素の化学的性質を明らかにする −104番元素ラザホージウムのフッ化物錯体−
  2. 6-2 ネプツニウム化合物の重い電子が示す超伝導 −新物質探索によるアクチノイド科学の展開−
  3. 6-3 ミクロな視点でウラン・超ウラン酸化物の個性を探る −NMR法による電子状態の微視的解明−
  4. 6-4 金属材料の劣化診断を原子レベルで評価 −走査型陽電子顕微鏡の開発−
  5. 6-5 クラスターDNA損傷による生物効果 −近接したDNA損傷による突然変異誘発−
  1. 7-1 信頼性の高い核反応データの提供に向けて −統合核データ評価コードCCONEの開発−
  2. 7-2 沸騰流を詳しく計測 −中性子ビームで蒸気と水の三次元分布と時間変化を把握−
  3. 7-3 マイナーアクチノイド窒化物燃料の優れた熱特性を実証 −微小試料を用いてMA窒化物の高精度な熱伝導率取得に成功−
  4. 7-4 原子炉構造材料の経年劣化メカニズム研究の新展開 −EBSDを用いたメソスケールでの SCC機構の研究−
  5. 7-5 核医学検査の安全性評価の高度化に貢献 −DNAレベルでの線量評価を可能にする放射性核種データベースを開発−
  6. 7-6 高濃縮ウランを含む極微小粒子の選択的検出 −IAEA保障措置のための環境試料分析法の開発−
  7. 7-7 超高温ガス炉燃料のさらなる高性能化に向けて −炭化ジルコニウム被覆燃料粒子の開発−
  8. 7-8 IS法による高効率水素製造に向けて −ブンゼン反応における二酸化硫黄 加圧効果の測定に成功−
  1. 8-1 進化するガラス溶融炉 −高レベル放射性廃液のガラス溶融炉の長寿命化を目指して−
  2. 8-2 低放射性廃棄物の廃棄体化に向けて −東海再処理施設における低放射性液体廃棄物処理の将来計画−
  1. 9-1 廃棄物中の放射性ストロンチウムを測定する −放射性廃棄物の処分に向けた簡易・迅速分析法の開発−
  1. 10-1 厳しい環境でも腐食しにくい超高純度ステンレス鋼(EHP合金)の開発 −沸騰硝酸下でのEHP合金の優れた耐粒界腐食特性−
  1. 11-1 新原理のイオン加速法を実証 −臨界密度プラズマを用いたレーザーイオン加速:がん治療用粒子線加速器を目指して−
  2. 11-2 1本の光ファイバで観察しながら治療する −レーザー照射機能を有する極細内視鏡の開発−
  1. 12-1 計算機上での原子力施設モデル化と構造健全性評価 − 原子力発電プラントの振動挙動を推測するための3次元仮想振動台−
  2. 12-2 気泡による材料損傷を気泡で抑制する − 気泡注入による損傷抑制効果の計算科学的検討−
  3. 12-3 計算科学が明らかにするタンパク質の大規模構造変化 − 細胞間接着タンパク質インテグリンの構造変化機構の解明−
  4. 12-4 鉄鋼材料中の不純物挙動シミュレーション技術の開発 − 加熱により放出される気体から材料の内部状態を推定する−
  1. 13-1 核拡散抵抗性が高い次世代核燃料サイクル技術を目指して − 核拡散抵抗性の解析手法及びクライテリアの検討−
  1. 14-1 原子力施設の残存放射能量を適切に評価 − 「ふげん」の放射化量評価方法の適用性評価について−
  2. 14-2 短寿命放射性核種のビーム利用を実現 −放射性核種用イオン源の開発−
  3. 14-3 高速炉燃料の実用化を目指した燃料特性の研究 −ウラン・プルトニウム混合酸化物燃料の融点と状態図−
  4. 14-4 乾式再処理で発生する廃棄物処理技術の開発 −固体・液体廃棄物からのアクチニド元素の回収−
  5. 14-5 中性子発生ターゲット材の損傷低減のために −水銀中に生成する気泡を可視化−
  6. 14-6 光ファイバで高温・高放射線下の機器の変位や振動を測定する −高速炉プラントの構造健全性監視技術の開発−
  7. 14-7 高速炉内で放射性物質の消滅を助ける材料を探す −核変換用中性子減速材候補炭化ホウ素 (11B4C)の中性子照射試験−
  8. 14-8 照射後試験技術開発によるITERへの貢献 −照射を受けた材料の遠隔溶接技術と遠隔加工技術−
  9. 14-9 炭素3原子からなる分子イオンの構造・電荷状態を観る −MeVクラスターイオンビームと物質との相互作用の解明に向けて−
  10. 14-10 大深度地下における立坑掘削時の地下水対策 −瑞浪超深地層研究所におけるグラウチング技術の開発−
  11. 14-11 ウラン濃縮プラントの合理的な廃止措置に向けて −フッ化ガスによる系統除染技術開発−
  12. 14-12 海水中溶存有機物の高精度な14C測定 −AMSによる溶存有機物中14C測定のための前処理法の開発−
  1. 1-1 核データの複雑な構造を正確かつ合理的に処理−超微細群計算と詳細群計算を併用した高速炉用格子計算コードの開発−
  2. 1-2 世界最高温で理想の高速炉燃料被覆管を試す−高温・重照射したナノ酸化物分散強化型原子力材料の組織安定性評価−
  3. 1-3 高速炉を利用したマイナーアクチニドリサイクルの実現に向けて−高性能アメリシウム含有酸化物燃料の作製技術開発−
  4. 1-4 高速炉の低流量時集合体出口温度を精度良く解析−集合体間の熱伝導とインター・ラッパー・フローによる熱伝達−
  5. 1-5 ガス巻き込み渦の内部構造に迫る−レーザーを使った画像計測による気液界面と流速場の同時計測−
  6. 1-6 燃料交換の効率化を目指して−ナトリウム冷却炉燃料取扱いシステムの検討−
  7. 1-7 高速炉蒸気発生器伝熱管検査の高精度化−ナトリウム付着の影響をシミュレーションで解決−
  8. 1-8 制御された温度ゆらぎを与えて構造材料の強さを探る−高速炉におけるナトリウム高サイクル熱疲労試験−
  9. 1-9 原子炉緊急停止に失敗する確率は非常に小さいことを評価− 「もんじゅ」におけるATWS発生頻度評価−
  10. 1-10 「もんじゅ」で発生を想定している熱過渡に対する余裕の評価− 「もんじゅ」実データに基づくプラント熱過渡裕度評価−
  11. 1-11 極限環境下での安全確保への挑戦− 「もんじゅ」原子炉容器廻り供用期間中検査装置の開発−
  1. 2-1 地層処分技術の知識基盤の構築に向けて−知識マネジメントシステムの基本設計−
  2. 2-2 地質環境や処分場への天然現象の影響を把握する−天然現象影響評価に関する技術の高度化−
  3. 2-3 地層処分容器の超長寿命化の可能性−低酸素濃度環境における銅オーバーパックの腐食挙動−
  4. 2-4 地質環境における物質移動係数を集約・管理する−拡散データベースシステムの開発と公開−
  5. 2-5 大昔の気温の変化を探る−内陸盆地の堆積物中に保存された花粉を用いた古気候復元−
  6. 2-6 坑道掘削の振動を利用して地表から地下を探る−物理探査法による地下深部の可視化技術−
  7. 2-7 地表の微小な傾きから地下水の流れを推定する−地表傾斜データを利用した水理地質構造の推定−
  8. 2-8 比抵抗値による地下水水質分布の推定−地球統計学による信頼度の向上−
  9. 2-9 地下水の水質分布を把握するための調査とモデル化−幌延深地層研究計画における地下水の地球化学調査−
  10. 2-10 地質観察データから岩盤の水理地質構造を推定する−堆積岩における割れ目調査技術の開発−
  1. 3-1 日欧共同で実施するJT-60SAの概念設計を完成−ITER支援及び補完研究に向けたJT-60SA計画−
  2. 3-2 高圧力プラズマに必要なプラズマ回転速度を探る−プラズマ変形の抑制に必要な最小プラズマ回転速度の発見−
  3. 3-3 尖らせて高いプラズマ圧力を実現−プラズマ上部形状の尖鋭化による周辺部不安定性の抑制−
  4. 3-4 電子乱流熱輸送の抑制機構を解明−トカマクにおける微視的電子乱流のシミュレーション−
  5. 3-5 核融合炉の実規模第一壁の試作に成功−テストブランケット第一壁製作のための接合技術開発−
  6. 3-6 溶接部の違いをヒントに照射硬化抑制手法を開発−低放射化フェライト鋼F82Hの照射硬化を熱処理で抑制−
  7. 3-7 ブランケット中のトリチウム生成率を高精度で測定−増殖材中での測定及び計算手法の開発−
  8. 3-8 核融合炉への安定した燃料供給を目指す材料−核融合発電炉用先進トリチウム増殖材料の開発−
  9. 3-9 核融合炉でのトリチウムと金属の相互作用の探求−水素誘起局所超塑性によるピラミッド状の高ドームブリスタ形成を発見−
  10. 3-10 核融合装置の高温環境下でも使える樹脂製遮へい材料を実現−高い耐熱性と強度を有する中性子遮へい樹脂材の開発−
  1. 4-1 宇宙に強誘電体の氷が存在することを世界で初めて提唱−中性子回折による氷XI相の研究−
  2. 4-2 イオンビームによる植物の生長制御機構の解明−植物ホルモンに対する感受性を制御する遺伝子SMAP1の発見−
  3. 4-3 ダイヤモンドを超伝導に導く格子振動の発見−ダイヤモンドの室温超伝導体へ期待−
  4. 4-4 DNA修復促進遺伝子pprAの活性化増強機構の発見−放射線応答機構におけるLexA2タンパク質の役割−
  5. 4-5 フラストレート磁性体での特異なスピン配列−中性子散乱法で見るスピン−格子相互作用−
  6. 4-6 植物の光合成機能を診断する−ポジトロンイメージング技術を用いた炭素同化産物動態の定量解析−
  7. 4-7 超新星の中で光が重元素を生成−超新星爆発での光核反応による重元素生成の原理を解明−
  8. 4-8 磁場で曲げる中性子−磁気光学に基づく高偏極度中性子集光システムの開発−
  9. 4-9 微生物産生プラスチックの産業利用に向けて−放射線と化学処理による高分子の生分解性制御技術の開発−
  10. 4-10 「重い電子」の遍歴・局在転移の直接的観測に成功−f電子系物質の特異な物性の理解に向けて−
  11. 4-11 中性子で見えたコンクリート中の水の動き−コンクリート構造物の劣化診断法への応用−
  12. 4-12 銀河宇宙線による電子回路の誤動作を探る−高エネルギー重イオン入射による半導体の過渡電流発生過程の解明−
  13. 4-13 見えにくい構造も高性能X線でくっきり観察−テラワットレーザーによる高輝度,高コントラストX線の発生−
  1. 5-1 原子力施設のリスク情報の活用を目指して−ソースタームの不確実さ評価手法の整備−
  2. 5-2 被覆管の水素吸収が燃料破損に及ぼす影響を調べる−反応度事故における高燃焼度軽水炉燃料の破損−
  3. 5-3 被覆管の壊れにくさは冷却条件により変わるのか?−LOCA時の被覆管延性低下に及ぼす冷却時温度履歴の影響−
  4. 5-4 放射線照射による沸騰熱伝達の促進−放射線誘起表面活性効果による限界熱流束の向上−
  5. 5-5 加圧熱衝撃に対する原子炉圧力容器の抵抗を調べる−確率論的破壊力学による原子炉重要機器の高経年化評価−
  6. 5-6 将来の高燃焼核燃料サイクルの臨界安全評価に備える−濃縮度5〜10%ウラン燃料体系を対象とした高精度臨界安全評価手法の開発−
  7. 5-7 MOX燃料加工施設で使用される添加剤の熱的特性−ステアリン酸亜鉛の熱分解特性データ及び評価モデルの検討−
  8. 5-8 地下深くで物質が動きにくくなる仕組みの解明−地下240mで行ったき裂内核種移行実験−
  9. 5-9 「放射性物質として扱う必要のない物」の放射能レベルは?−クリアランスレベル評価コードシステムの開発−
  1. 6-1 ネプツニウム化合物の新奇な磁気構造と軌道秩序−JRR-3における超ウラン元素の中性子散乱実験−
  2. 6-2 フラーレン −コバルト薄膜の巨大磁気抵抗効果−有機分子フラーレンでスピンを操る−
  3. 6-3 100万Gの極限環境を利用した新技術−超重力場(メガグラビトロニクス)を用いた新奇物質探索−
  4. 6-4 酵素触媒によるセルロース高分子の人工合成−中性子小角散乱による「特異場での反応誘起自己組織化機構」の解明−
  5. 6-5 難修復性DNA損傷収率の放射線のイオン化・励起密度依存性−クラスターDNA損傷生成機構に迫る−
  1. 7-1 稠密度の高い燃料集合体の冷却性能を明らかに−原子炉条件を模擬した大規模試験による把握−
  2. 7-2 将来の廃棄物処理処分技術の考案−分離変換技術による高レベル放射性廃棄物処分場の規模縮小−
  3. 7-3 アクチノイド分離用抽出剤の耐放射線性向上を目指して−放射線分解のメカニズム解明により抽出剤改良の指針を得る−
  4. 7-4 乾式再処理におけるマイナーアクチニド挙動解明へ向け大きく前進−腐食性ガスを使用しないマイナーアクチニド塩化物合成法を開発−
  5. 7-5 線量計情報のない重度被ばく者の線量評価を可能に−臨界事故時の体内元素の放射化に基づく線量評価プログラムの開発−
  6. 7-6 DNAに生じた傷の種類と量を見積もる−放射線によるDNA損傷の全体像を知るための方法を開発−
  7. 7-7 高温ガス炉の優れた安全特性を実証−HTTRを用いた冷却材流量低下模擬試験−
  8. 7-8 発電用高温ガス炉の優れた経済性−高温ガス炉とガスタービンの利点を活かしたシステムの設計研究−
  1. 8-1 硝酸プルトニウム溶液の高精度測定の実現-水晶振動型圧力計と密度チェックで高精度と信頼性を確保-
  2. 8-2 保障措置への貢献と更なる効率化に向けて-東海再処理工場における保障措置の改良-
  1. 9-1 熱影響が少なく狭隘構造にも適用可能な切断技術−アブレイシブウォータージェットによる炉内構造物の解体−
  2. 9-2 コンクリート中の低濃度トリチウムを測定する−トリチウム汚染物のクリアランス検認のために−
  1. 10-1 複雑なき裂形状をシミュレーションで再現する−大規模計算による応力腐食割れ形状のシミュレーション−
  2. 10-2 原子力プラントの揺れをとらえる−スケールが大きく異なる波長を同時に扱うための振動解析技術−
  3. 10-3 DNAのねじれやすさを測定する−DNA力学定数の測定における構造変化のカップリングと外力の影響−
  4. 10-4 ナノ秒の感度で中性子を検出するMgB 2超伝導体−シミュレーションと実験で初めて明らかにしたその超高速な応答能力−
  1. 11-1 将来の核燃料サイクル施設の保障措置システムを設計する-保障措置システムシミュレータの開発-
  1. 12-1 「もんじゅ」改造工事期間の短縮に向けて− 「もんじゅ」における一次冷却系単独運転の検討と実施−
  2. 12-2 超重元素科学を切り拓く重イオンビーム−高電圧端子内重イオン入射装置の開発−
  3. 12-3 発電用原子炉の高燃焼度燃料の挙動解明を目指して−照射済燃料用大気圧水カプセルの設計−
  4. 12-4 現在・過去・未来の海を正しく予測−LAMERを用いた放射性物質海洋拡散シミュレーション−
  5. 12-5 高速炉燃料の実用化を目指した燃料特性の研究−ウラン・プルトニウム混合酸化物燃料の熱伝導率評価−
  6. 12-6 高速炉で照射した燃料ピンの曲がり状況を把握する−X線CT画像を利用したデータ評価手法の確立−
  7. 12-7 ナトリウム冷却炉内で金属試料が破断するまでの時間を測定−FBR燃料被覆管材料の炉内クリープ破断試験−
  8. 12-8 HTTRの燃焼特性評価手法の高度化−BP (反応度調整材)の燃焼挙動評価用のモデルの改良−
  9. 12-9 集束した水素イオンビームでミクロの凱旋門を作った−高エネルギーサブミクロンビームを用いた三次元微細加工技術の確立−
  10. 12-10 湧水に挑む!着工5周年の瑞浪超深地層研究所−立杭掘削におけるポストグラウチング技術の開発−
  1. 1-1 高速増殖炉サイクル実用化に向けて
  2. 1-2 主要なエネルギー供給源として有望な高速増殖炉システムの探究−ナトリウム冷却炉の設計研究−
  3. 1-3 コンパクトにした炉内の速い流れをいかに静かに導くか−ナトリウム冷却大型炉の炉内流動適正化−
  4. 1-4 流れの乱れにより励起される配管の振動特性を把握する−大口径・高流速配管の流動励起振動−
  5. 1-5 次世代型燃料サイクル(再処理+燃料製造)の開発−先進湿式法/簡素化ペレット法に関する研究開発−
  6. 1-6 次世代原子炉燃料の再処理プロセスを開発−NEXTプロセスにおけるアクチニド元素の溶媒抽出−
  7. 1-7 厄介なMAを高速炉燃料とする遠隔燃料製造技術を確立−アメリシウム含有MOX燃料の製造技術開発−
  8. 1-8 持続可能な原子力利用の道筋を探る−高速増殖炉サイクルの導入シナリオ−
  9. 1-9 様々な視点から有望な高速増殖炉サイクル概念を見出す−高速増殖炉サイクルの多面的評価研究−
  10. 1-10 サイクル全体を考慮した世界初の安全評価手法を開発−高速増殖炉サイクルの確率論的安全評価(PSA)研究−
  11. 1-11 高速増殖原型炉「もんじゅ」の再開に向けて−臨界試験から起動試験(40%出力)までの性能試験から−
  12. 1-12 フォールトツリー解析による原子炉トリップの頻度を評価− 「もんじゅ」の原子炉計画外停止頻度と要因の推定−
  13. 1-13 3次元輸送計算コードにおける新たな輸送断面積縮約手法を開発− 「もんじゅ」炉心核特性解析手法の高度化−
  14. 1-14 パソコンを用い実時間の1000倍の速度で解析評価−汎用プラントシミュレーションコードの検証−
  15. 1-15 レーザを用いた高速炉の安全性に関する研究−共鳴イオン化質量分析法を応用した燃料破損検出技術の開発−
  16. 1-16 多機能再処理プロセスを確立し分離元素を有効利用する−ピリジン樹脂による先進核種分離プロセスの開発−
  17. 1-17 照射済燃料集合体の内部を透視する−高エネルギーX線CTを利用した非破壊検査技術の開発−
  1. 2-1 地層処分の技術と信頼を支える研究開発
  2. 2-2 地層処分技術の知識基盤の構築に向けて−知識管理システムの基本概念−
  3. 2-3 安全評価に必要な信頼性の高いデータベースをどのように整備するか−核種移行データベースの開発−
  4. 2-4 低アルカリ性セメントの開発−吹付けコンクリートの施工性に関する研究−
  5. 2-5 人工バリア周辺の長期現象を数値シミュレーションで予測する−熱‐水‐応力‐化学連成モデルの開発−
  6. 2-6 高レベル廃棄物地層処分の性能評価研究の進め方−事業段階における、総合的な性能評価体系の構築・整備に向けて−
  7. 2-7 活火山の地下のマグマを検出、紀伊半島の高温泉の原因−地磁気・地電流の観測・解析による地下深部のマグマ・高温流体の検出−
  8. 2-8 炭酸塩鉱物に保存された過去を読み解く−地球化学環境の長期的変遷の推察−
  9. 2-9 坑道掘削が周辺地下水に与える影響の把握−大規模地下施設建設が周辺環境に与える影響−
  10. 2-10 電磁探査から断層の位置・連続性・水理特性を探る−堆積岩における地質環境調査技術の開発−
  11. 2-11 塩分濃度分布から地下水の流れが見える−堆積岩における塩分濃度分布と地下水流動の関係−
  12. 2-12 日本最北端の堆積岩盤深部における応力分布状態の把握に挑む−原位置と室内試験に基づいた第三紀珪質岩盤の力学モデル構築−
  13. 2-13 TRU廃棄物処分研究の成果−第2次TRUレポートより−
  1. 3-1 核融合エネルギーの実用化に向けて
  2. 3-2 核融合炉の発電コストの低減に展望を拓く−JT-60、核融合炉の省エネルギー運転法の開発−
  3. 3-3 高温プラズマの中に絶縁体が出現−JT-60、プラズマ電流分布の特異な性質の解明−
  4. 3-4 プラズマ閉じ込め改善の謎に迫る−帯状流の性質変化で乱流輸送の制御−
  5. 3-5 ドーナツ 1/4周分のプラズマ放射を一目で観測する−JT-60におけるイメージングボロメータの開発−
  6. 3-6 核融合炉の建設コスト低減を目指して−早期実用化につながるコンパクトな核融合炉の構想−
  7. 3-7 1000秒間の高出力ミリ波発振の成功−核融合用ジャイロトロンで安定な定常動作を行うための手法の確立−
  8. 3-8 負イオンNBI装置の電極熱負荷の低減を目指して −長パルスのビーム入射のための一歩−
  9. 3-9 負イオンを大面積、一様に生成する技術を開発−プラズマ加熱装置の大型化・高出力化にむけて−
  10. 3-10 世界に先駆けてITER超伝導コイル用線材を開発−高性能Nb3Sn超伝導線材の量産に成功−
  11. 3-11 高性能超伝導コイルを実現する新型ステンレス鋼−ITER中心ソレノイド用超伝導導体のコンジット材料開発−
  12. 3-12 高性能中性子材料を利用しコンパクトな核融合炉をつくる−水素吸蔵金属を核融合炉遮へい材に応用−
  13. 3-13 高速中性子を使って物質深部の水素を測る−核融合中性子を使った材料分析−
  14. 3-14 核融合材料中性子照射のための加速器開発−定常運転での大電流ビーム加速の鍵は、高精度な高周波特性の確立−
  15. 3-15 バイオ技術を用いたトリチウム除去法を開発−森林土壌からトリチウム酸化菌の培養に成功−
  1. 4-1 量子ビームテクノロジーの研究開発を先導する
  2. 4-2 セラミックスのナノホールで水素分離に成功−炭化ケイ素薄膜を用いた耐熱・耐蝕性水素分離フィルターの開発−
  3. 4-3 クリーンエネルギー源の水素を安全に利用するための新しい監視技術を発明−ガスクロミック現象を応用した水素検知器の開発−
  4. 4-4 ナノ微細孔内壁の化学修飾状態を蛍光で識別する新手法を創出−イオンビームによる機能性高分子膜の創製技術の開発−
  5. 4-5 海水ウランの捕集をコスト試算で裏づけ−高性能金属捕集材による海水ウラン資源採取の検討−
  6. 4-6 遺伝子活性化機構の解明とDNA損傷の可視化への応用−DNA修復促進タンパク質PprA−
  7. 4-7 植物は葉や茎の細胞内のDNA量を増やすことで紫外線に強くなれる−植物の新たな紫外線耐性機構の発見−
  8. 4-8 白血球を増殖させる医薬品の作用機構を解明−ヒト顆粒球コロニー刺激因子と受容体の複合体の立体構造解析−
  9. 4-9 放射光X線を用いた電子の運動状態の観測−共鳴非弾性X線散乱による電子励起−
  10. 4-10 放射光を用いた材料内部の残留応力測定−改良型ひずみスキャニング法による応力解析技術の開発−
  11. 4-11 放射光X線によって結晶表面構造を原子レベルで覗く−放射光を用いたガリウムヒ素半導体成長モニターの開発−
  12. 4-12 量子ドットサイズを制御する試み−量子ドットの前躯体:ナノクラスターに内在する原子数の測定−
  13. 4-13 陽子線によるがん治療装置の小型普及化に向けて−レーザーによる陽子加速の最適条件の発見−
  14. 4-14 高強度レーザーを用いた準単色エネルギー電子ビームの生成−レーザー加速による高品質電子ビーム源の開発−
  15. 4-15 量子制御による超高速選択励起の実証−新しい同位体分離法開発にむけて−
  16. 4-16 高出力パルス中性子源の開発−陽子ビーム励起圧力波によるマイクロピット形成機構の解明−
  17. 4-17 世界最高性能の中性子スーパーミラーを開発−J-PARC加速器中性子源の効率的な利用のために−
  1. 5-1 安全研究の役割と進め方
  2. 5-2 核燃料施設でのリスク情報の活用をめざして−MOX燃料加工施設のPSA手法の整備−
  3. 5-3 発電所で長期間使用された燃料の限界性能を調べる−反応度事故条件下での高燃焼度軽水炉燃料の挙動−
  4. 5-4 燃料を長期間照射しても冷却材喪失時の安全性を確保できるのか?−燃焼の進んだ軽水炉燃料のLOCA時挙動評価−
  5. 5-5 事故時燃料ふるまいコードRANNSの開発−破損メカニズムの解明と破損予測−
  6. 5-6 大型実験でPWRシビアアクシデント対策の効果を示す−最も厳しい破断位置で有効性を検証−
  7. 5-7 水蒸気爆発のリスクを評価する−溶融炉心/冷却材相互作用のシミュレーション−
  8. 5-8 自然の力で格納容器を守る−静的格納容器冷却系(PCCS)用熱交換器の性能評価実験−
  9. 5-9 経年劣化が進行した配管が地震で壊れる確率は?−確率論的破壊力学による発電用原子炉機器の高経年化評価−
  10. 5-10 使用済み核燃料の安全で効率的な臨界安全性管理−燃焼度クレジット導入用計算コード・データベース開発−
  11. 5-11 焼却灰などを高温でガラス状に融かして固めた廃棄体の耐久性は?−ガラス化した放射性廃棄物の処分環境での溶解挙動の評価−
  1. 6-1 未来を拓く先端基礎研究
  2. 6-2 変形した状態から原子核の安定性を探る−中性子過剰250Cm原子核の回転状態の観測−
  3. 6-3 超重元素はどこまで存在するか−重・超重核領域の原子核崩壊−
  4. 6-4 超重核の量子状態を初めて明らかに−α-γ核分光による超重核の核構造研究−
  5. 6-5 新奇なプルトニウム化合物超伝導体の超伝導状態解明−核磁気共鳴(NMR)法で未知の超伝導を探る−
  6. 6-6 ミュオンスピン緩和法で見たプルトニウム金属の磁性−固体物理の難題に迫る−
  7. 6-7 高輝度陽電子ビームの実現で見える物質最表面の新しい世界−陽電子全反射回折で解明される最表面ダイナミクス−
  8. 6-8 酵母でウランを鉱物化−微生物によるウランの鉱物化機構を解明−
  1. 7-1 原子力の研究開発の基盤形成と新たな原子力利用技術創生
  2. 7-2 大規模数値解析により原子炉内の冷却材の流れを予測−界面追跡法による二相流詳細解析手法の開発−
  3. 7-3 超ウラン元素回収のための新しい有機試薬の創製−マイナーアクチノイド一括分離用高性能抽出剤の開発−
  4. 7-4 乾式再処理工程から再び窒化物燃料を製造する−液体陰極に回収したプルトニウムの再窒化技術開発−
  5. 7-5 原子炉材料の照射誘起応力腐食割れ(IASCC)の挙動解明−JMTR炉内での応力腐食割れ試験に成功−
  6. 7-6 日本海の人工放射性核種分布マップを作成−日本海における放射性核種移行の特徴の解明−
  7. 7-7 中性子・光子・ミュー粒子による被ばく線量の高精度測定に成功−次世代型放射線モニタDARWINの開発−
  8. 7-8 有害物質の処理や放射性廃棄物の有効活用に道−固体を混ぜた水溶液の放射線誘起の反応により6価クロムの廃液処理を実現−
  9. 7-9 高温ガス炉により製造された水素中に混入するトリチウムの抑制へむけて−実炉における水素透過係数を初めて取得−
  10. 7-10 ISプロセス法による原子力水素製造に大きく前進−セラミックス製大型硫酸分解器の試作に成功−
  1. 8-1 核燃料サイクルの確立を目指して−軽水炉における核燃料サイクル技術開発の推進と民間事業者への技術協力−
  2. 8-2 将来サイクルから発生する高レベル放射性廃棄物の特徴−高レベルガラス固化技術の将来の燃料サイクルへの適用性展望−
  3. 8-3 マイクロ波加熱装置(電子レンジ)で作るウラン粉末の生成過程−硝酸ウラニル溶液のマイクロ波加熱直接脱硝法による脱硝反応機構の解明−
  4. 8-4 再処理機器の腐食メカニズム解明に向けたアプローチ−スチームジェットの腐食と設計改良−
  5. 8-5 試薬を使用しない酸濃度分析法の開発−導電率測定による硝酸プルトニウム溶液等の酸濃度分析−
  1. 9-1 原子力施設廃止措置と放射性廃棄物処理処分に関わる技術開発
  2. 9-2 マイクロ波加熱によって溶融固化体試料前処理を効率化−放射性廃棄物の処分に向けた放射能分析の簡易・迅速化−
  3. 9-3 廃止措置エンジニアリング支援システム(DEXUS)の開発−データベース及び解体作業シミュレーションシステム(VRdose )−
  1. 10-1 先端的計算により原子力分野における実験の先導・代替、萌芽的研究を推進
  2. 10-2 強結合超流動の量子渦構造を計算し、室温超伝導の世界を覗く−原子ガスの量子渦から見えてくる室温超伝導の世界−
  3. 10-3 特大規模を有する原子力施設のための組立構造解析−部品に分けて特大規模の構造を解く技術−
  4. 10-4 地球シミュレータで量子多体問題の限界にチャレンジ−世界最大の行列計算を速くかつ正確に−
  5. 10-5 水が温まりにくくて冷えにくいのはなぜか−水の比熱の分子論−
  6. 10-6 体積振動する複数気泡の位相特性と相互作用力−未知の特徴周波数「遷移周波数」の存在を確認−
  7. 10-7 生物による金属イオンの様々な利用−ゲノム塩基配列からの銅イオン配位タンパク質の推定−
  8. 10-8 計算科学によるタンパク質のRNA相互作用部位の推定−タンパク質立体構造にもとづくバイオインフォマティクス研究−
  9. 10-9 気泡が示す複雑性−音を通じて相互作用する複数気泡系に奇異な現象「擬交差」を発見−
  1. 11-1 核不拡散科学技術開発の方向性
  2. 11-2 遠隔監視システムで情報交換、公明正大に核物質を利用する−核物質利用における透明性向上のための遠隔監視システム技術開発−
  3. 11-3 どうすれば核兵器プルトニウムを安全・効率的に処分できるか−ロシア解体核プルトニウム処分研究−
  4. 11-4 再処理オフガスの測定による燃焼度と燃料中に含まれるプルトニウム量の評価手法の開発−キセノン同位体比測定による燃焼度とプルトニウム生成量評価法−
  5. 11-5 高放射性廃液中に含まれる微量プルトニウムを測定する−吸光光度法を利用した簡便な現場査察手法を開発−
  1. 12-1 種々形状の体積試料に含まれる放射能を迅速に決めるための技術を開発する−代表点法を用いた放射能測定器の効率校正−
  2. 12-2 緊急被ばく医療に有用な線量情報を迅速かつ正確に提供する−小型線量計の組合せによる臨界事故時人体吸収線量計測技術の開発−
  3. 12-3 難治ガン克服を目指す先端的医療研究へ貢献する−ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)のための医療照射支援システムの開発−
  4. 12-4 HTTRの燃料温度分布を把握する評価モデルの高精度化−HTTR燃料温度評価モデルの高精度化−
  5. 12-5 IASCC研究を支える巧みな遠隔操作技術−照射済試験片装荷キャプセルの組立−
  6. 12-6 JMTRを利用した照射試験のための核的評価技術−トリチウム生成量の高精度な評価−
  7. 12-7 微細照射を可能にする高品位なイオンビーム生成のために−サイクロトロンビームの高安定化技術の開発−
  8. 12-8 深地層の研究施設の本格的な掘削を開始−地層処分技術に関する研究開発用の地下研究施設−
  9. 12-9 加速器質量分析法によるヨウ素129を高感度で測定する−中性子放射化分析法より短時間で高精度かつ高感度な測定法−