技術シーズ集 目次


logo

溶液中のルテニウムを揮発分離するための電解セル装置

環境関連
No. 2-12
溶液中に溶けているルテニウム(Ru:白金族元素の一つ)を効率的に揮発分離できる電解セル装置を開発しました。
技術の特徴

従来の方法では、四酸化物(RuO4)すべてが揮発するわけではなく、一部は電解液に溶解し、その一部は未反応のRuと反応して二酸化物(RuO2)として沈殿するため、その処理には時間を要していました。

本技術の電解セル装置を用いることにより、溶液内において還元反応によって二酸化物が微粒子として沈殿することを防止でき、これまで以上に迅速にRuを揮発分離することができます。

2-12
従来技術との比較

1 従来10%以上のRuが粒子になって
  いたが、本技術ではほとんどのRuを揮発
2 従来法の10倍以上の速度で電解可能
 

利用分野

1 白金族元素(Ru)の回収(リサイクル)
2 高放射性廃液ガラス固化処理運転の
  安定化

研究のステージ

試作検討段階

知財関連情報

| | | | |