技術シーズ集 目次


logo

漏電遮断器のテストボタン誤操作防止カバー及びそれを用いた漏電遮断器

機械・装置
No. 4-10
漏電遮断器には作動確認のために用いる「テストボタン」があり、テストボタンを押すことで実際に漏電遮断器が作動します(電源が遮断)。テストボタンに誤って触れるなどして誤操作することを防ぐために、「誤操作防止カバー」を開発しました。
技術の特徴

「誤操作防止カバー」は、複数の漏電遮断器や配線用遮断器(以下、総称して「遮断器」という。)が配置された分電盤(図1参照)において有効です。

通常、テストボタンは指で押して操作する構造(図2参照)であることから、誤って触れること等による誤操作の可能性がありました。

本技術では、操作穴を介した操作とする構造により、誤って触れることを防止するものです。また、取付も端子カバーに挟むだけの容易なものです(図3参照)。

従来技術との比較

1 遮断器の誤操作防止が可能
2 遮断器への取付が容易
3 製造コストが安い
 

利用分野

1 制御盤内などの漏電遮断器全般
2 制御盤内などの配線用遮断器全般
3 一般家庭向けの配線用遮断器全般

研究のステージ

試作検討段階

知財関連情報

| | | | |