技術シーズ集 目次


logo

電磁超音波探傷におけるノイズ低減法

計測
No. 6-16
電磁誘導により物体中に超音波を生じさせ、キズの有無を検査する電磁超音波探傷において、ノイズの影響を低減し、キズの信号を強調する手法です。
技術の特徴

電磁超音波探傷法は、非接触・高温物体の検査を得意とする反面、信号レベルが小さいため、ノイズの影響を受けやすい欠点がありました。

6-16
従来技術との比較

ノイズの中からキズによる信号を精度よく抽出
 

利用分野

非破壊検査(超音波探傷)

研究のステージ

実用化段階
(実証試験中)

知財関連情報

| | | | |