技術シーズ集 目次


logo

家庭用放射線メータ

計測
No. 6-20
福島第1原発事故以来、簡便で高信頼性の放射線メータが求められており、”家庭用放射線メータ”は放射線に関する知識がない方でも放射線量が正常であるかが一目でわかるような表示になっています。
技術の特徴

■放射線検出器にフォトダイオード(放射線や光が当たると微弱電流が発生)を用いることにより、長寿命で安価かつ高信頼性のものとなります。

■測定した放射線量をバーグラフ化するとともに、自然放射線量の目安となるイラストと対比させてわかりやすく表示し、特に家庭用に適します。

6-20
従来技術との比較

1 安価であること
2 操作(取扱)が簡単である
  (専門知識が不要)
3 維持費が安価
 

利用分野

1 家庭用に常備する
2 学校の教育用
3 公共の場の放射線メータ

研究のステージ

実用化段階


| | | | |