技術シーズ集 目次


logo

リモートパーティクルカウンター

計測
No. 6-4
屋外或いは室内の空気中にはハウスダスト、花粉やPM2.5などの有害な微粒子などが浮遊しています。これらの微粒子をレーザーで写真撮影し、その数量や粒子径をすばやく測定できる新しい測定技術です。また、観測した微粒子がどんな種類かをも特定することが可能です。
技術の特徴
X-X
従来技術との比較

1 従来では不可能な遠方の空気中の微粒子
  の濃度、種類をリアルタイムで測定可能
2 従来法では計測できない空気中の微粒子
  の流れ、動きも計測可能
 

利用分野

1 クリーンルームの清浄度計測
2 黄砂、PM2.5、花粉、火山灰、空気中の
  ダスト等の浮遊状況、環境計測等
3 噴霧器、スプレーの飛沫粒子計測

研究のステージ

実用化段階
(民間企業で実用化実績有)


| | | | |